menu

ぬいぐるみ心理学

職場の人間関係を修復する2つの選択肢を解説

[記事公開日]2015/09/08
[最終更新日]2018/10/14

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

以前も何度か職場の人間関係について記事を書きましたが、

それだけ日常的に悩むテーマと言えますね。

 

→会社の人間関係がギクシャクする原因をぬいぐるみ心理学で解説!

→対人関係が苦手な人は仕事でどうすれば良いのか?

→仕事の人間関係を改善する究極の方法とは?

→仕事で本音が言えないあなたへの唯一の解決策

→飛び込み営業が辛いと言われる理由をぬいぐるみ心理学で解説

→40代のパートの人間関係でストレスをためない方法

 

実際、私もぬいぐるみ心理学を提供していて、

職場の人間関係の悩みを話す人は多いです。

 

 

さて、今回は人間関係の「修復」がテーマです。

 

 

修復という言葉だけあって、

「関係が悪化した・壊れた」状態であるわけです。

 

 

何らかの原因で仲が悪くなってしまったものの、

部署が同じであれば関わり続けなければいけません。

 

 

ぬいぐるみ心理学の視点からお伝えするなら、

こうなった時の選択肢は2つしかありません。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

2つの選択肢とは?

長年 彼氏 別れ 理由 画像

 

まず1つ目は、相手に合わせて関係修復をはかることです。

 

 

基本的に、人間は自分のことしか考えていません。

 

 

どんなに相手のことを考えていると言う人でも、

24時間365日誰かのことを気にかけてはいません。

 

あなたが思う以上に、

相手はあなたのことを気にしていないのです。

 

 

 

「あれをやったら…」

「これをしたら…」

 

 

こうした人間関係の悩みの多くが取り越し苦労に終わるのも、

そこまで相手があなたのことを気にしていないからです。

 

※ただし、必要以上に考え過ぎれば現実のものになります。

 

 

 

人は基本的に自分のことしか考えていない。

それなら、徹底的に相手のことを考えてあげれば良いのです。

 

 

たとえ関係が悪くなっていたとしても、

自分に対して好意を持つ人がいれば嫌いにはなりません。

 

常に基準を相手に設定して過ごすのです。

 

 

 

対人関係 苦手 仕事 画像

 

次に2つ目は、相手のことを一切気にしないことです。

 

言い換えれば、「ありのままの自分を出して過ごす」ということです。

 

 

 

相手との関係修復はいったん脇に置いて、

まずは自分の感じるままに振る舞うのです。

 

こうすることで相手との関係修復が実現してもしなくても、

職場では過ごしやすくなります。

 

 

 

 

ありのままの自分をさらけ出した上で、

相手も受け入れてくれたら修復すれば良い。

受け入れてくれなければそれは仕方ない。

 

この意識を持ち、すべては相手にゆだねてしまうことです。

 

 

※ちなみに、心理学者のアドラーもこの立場に立っていて、

相手がどう思うかは変えられないから、

自分のことにだけ集中すれば良いと指摘しています。

どちらの選択肢が良いか

ぬいぐるみ 心理 画像

 

 

 

ぬいぐるみ心理学の視点では、2番目の選択肢を推奨しています。

 

 

 

相手に合わせればそれだけでストレスがたまりますし、

その日の気分や体調によっても相手の反応は変わります。

 

「正解がない」中で相手に合わせようとする。

現実的には不可能なのです。

 

 

 

まずはありのままの自分をさらけ出す。

この大前提が合った上で、相手に合わせて調節していくのはアリです。

 

 

修復できたかどうかは結果論になります。

 

 

 

ここまで読むと、「必ず修復できるわけではないのか!」

と疑問に感じることもあるでしょう。

 

ただし、小手先のテクニックに頼って

相手に合わせた対応をとれば、

いずれ自分の首を絞めることになります。

 

 

自分のストレスがどこかで爆発し、

何をするにもやる気が起きなくなってしまいます。

 

 

 

根本から人間関係を見つめ直し、

結果として修復できたらOK。

 

どう捉えるかは相手にゆだねるしかないのです。

 

 

 

「修復しようよ!」と相手にどんなに言っても、

それを決めるのは相手なのです。

 

 

私達はただ素の自分を出すことに集中し、

結論は相手に任せます。

 

 

 

 

素の自分についてはぬいぐるみ心理学

あなただけの特性を導き出しています。

 

興味のある方は無料講座で学んでみて下さい。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す