menu

ぬいぐるみ心理学

聞き上手が実践する相づち3原則!あなたも自然と相手に好かれる

[記事公開日]2015/10/17
[最終更新日]2018/10/14

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今日は相づちについて解説していきます。

 

 

ぬいぐるみとの記憶を振り返るだけで、

あなたの人間関係の特徴が導き出せる。

 

ありのままの自分をさらけ出しながら、

周りからも愛される人間関係が築ける。

 

私はぬいぐるみ心理学を通して、

人間関係を本質的に変えていくサポートをしています。

 

小手先のテクニック論は書店やネットにあふれていますが、

その場では上手くいってもどこか苦しい。

自分を抑えている感じがして、ストレスはたまり続けます。

 

 

自分自身と根本的に向き合い、

自分の心に素直に振る舞うことで、

ストレスなく自由な自分をさらけ出せる。

 

ぬいぐるみ心理学ではそこを目指しています。

 

 

ただし、私も最初は自分を抑えていました。

周りによく思われる様に自分を演じていましたし、

テクニック論に走った時期もありました。

 

今回は相づちの話をします。

聞き上手の人が意識して実践している、

相手に自然と好かれる相づちの方法です。

 

 

これだけを見るとテクニック論だと感じますし、

これだけ「を」実践すればテクニックになります。

 

 

「自分らしさを自然と出しながら、

相づちのテクニックも使っていこう」

この感覚を頭の片隅に置きながら読んでもらえたら、

きっと今までの実践とは違った成果が出ます。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

さっそく本題に入っていきます。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

聞き上手の相づち方法

飛び込み営業 悩み 画像

聞き上手が意識して実践している相づち方法。

あなたもすぐに実践できるものから順にお伝えしていきます。 

その1:相づちの言葉を変える

 

 

「うんうん」

「はい」

「へえ」

「あー」

「確かに」

「なるほど」

「ほぉ」

 

 

ざっと思い返すだけでも、

これだけの相づちが出てきました。

 

聞き上手な人は、相づちを常に変えています。

相づちを変えることで「ちゃんと聞いていること」を伝えているのです。

 

 

ずっと同じ相づちをしていたら、

相手は自分の話を聞き流されていると感じます。

そうなれば、どんなに話を聞いていても、

相手から好かれることはありません。

 

 

特に危険なのが「うんうん」です。

 

この相づちは最後のイントネーションが低い声になるので、

続けるほど場の空気が重くなっていきますし、

最悪の場合、険悪な雰囲気にもなりかねません。

 

その2:相手に質問をする

夫婦 お金 不安 画像

相づちは何もうなずくだけではありません。

相手の話に質問をしたって良いのです。

 

質問と聞くと必ず、

「そんなに高度な質問はできない!」という反応が返ってきます。

特に仕事の場面ではありがちですよね。

 

 

ですが、人間関係において高度な質問は不要です。

「自分に興味を持ってくれている」ことがわかれば、

相手もあなたへ好感を抱いてくれるのです。

 

 

 

「それで、その時にどう思ったの?」

「もしあの場面に戻れるならどうする?」

「もっと続き聞きたいんだけど!」

 

 

こうした投げかけでも良いのです。

 

ただのうなずきよりも数倍効果的ですし、

もっとあなたと話したいと思ってくれる様になりますよ。

まとめ

 

基本的に聞き上手の人は、

この2つの相づちを使い分けているだけです。

そこまで難しいことではないのです。

 

 

もちろん、ただ相手に合わせるだけではストレスがたまります。

まずは形から入るのも大事ですが、

自分を抑えずに相づちをしていけるのが一番の理想です。

 

さっそく、実践してみて下さい。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す