menu

ぬいぐるみ心理学

キャリアカウンセラーが国家資格になる背景と時代の変化

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今日はキャリアカウンセラーという資格を取り上げます。

 

 

2016年の4月から厚生労働省より、

キャリアカウンセラーが国家資格となります。

※キャリアコンサルタントという呼び方もあります。

 

今までは民間資格でしたが、

試験に合格すると国家資格保持者として扱われる。

 

臨床心理士なども国家資格ですし、

名称上は肩を並べることになります。

 

もちろん国家資格になったからといって、

これまでと待遇が劇的に変わることはないでしょう。

 

実際、臨床心理士についても、

多くが年収300〜400万円前後と言われ、

生活に困っているという話も聞きます。

 

キャリアカウンセラーの資格も、

企業や教育機関で活かすか、

副業的に活用するかのいずれかが主流です。

 

 

とはいえ、国家資格化した背景。

そして時代の流れについては、

知っておいて損はありません。

 

ぬいぐるみ心理学を提供している

私なりの視点も踏まえながら、

今回の記事では伝えていきます。

 

キャリアカウンセラーが国家資格になる背景と時代の変化

人の目を気にする 克服 画像

 

キャリアカウンセラーが国家資格になった背景。

完結に言えば「主体的なキャリア形成」が求められるからです。

 

キャリア教育が学校でも導入される様に、

自らキャリアを選択していく時代になった。

 

もちろん昔もそうでしたが、

昔以上に不確定要素の多い世の中になった。

これも大きな理由です。

 

 

1つの企業で定年まで勤め上げる。

企業年齢が短くなる一方の現代において、

これは現実的ではありません。

 

女性の場合は結婚や出産によって

働き方が変わることは容易に想定できます。

 

「自分はどう生きたいのか」

この問いに向き合い続ける時代になったと言えます。

 

 

キャリアカウンセラーと聞くと、

就職や転職活動のサポート役というイメージが強いかもしれません。

 

ですが企業内においても、

果たす役割は大きいと言えます。

 

人事担当として社員のキャリア形成を考える。

その人に合った仕事を判断したり、

能力を伸ばせるポジションを与えたり、

企業内でのキャリア形成にもひと役買っています。

 

 

仕事を転々とする上でも、

自分の強みがなければいけない。

 

同じ企業で働き続けるにしても、

主体的にキャリアを形成しなければならない。

 

こうした時代になってきました。

 

幸せの定義は人それぞれ

小学生 男の子 ぬいぐるみ 画像

 

それぞれが主体的にキャリア形成する。

言い換えれば、幸せの定義が人それぞれだということです。

 

良い年収をもらい、安定した生活をする。

年収以上にやりがいを求める。

家庭と仕事の両立を考える。

 

人によって何を重視するかは異なりますし、

NPOやボランティア活動に精を出す

パラレルキャリアを歩む人も目立ちます。

 

仕事に何を求めるかも人それぞれですし、

ひいては人生全体にもつながってきます。

 

キャリアカウンセラーが国家資格となることで、

誰かが敷いたレールを歩むのではなく、

自らレールを築く人生をサポートする。

 

そんな時代が本格化していることを感じます。

 

 

とはいえ、主体的にキャリアを築く上では、

周りの目を気にせず自分らしく振る舞えていること。

 

これが前提条件だと考えています。

 

私はぬいぐるみ心理学を通して、

人間関係における自分らしさが何かを導き出しています。

 

仕事でも何でも、自分を抑えて生きていれば、

自分にとっての幸せの定義にも気づけません。

 

「決して不幸ではないけど何かモヤモヤする」

こんな気持ちを抱えながら年をとることになります。

 

もちろん仕事や人間関係で上手くいかないこともあります。

ただ、自分が選んだキャリアであれば、

それも勇気を持って乗り越えていけるはずです。

 

最後に

よりよい余暇の過ごし方 画像

 

キャリアカウンセラーが国家資格になったこと。

 

アナ雪の言葉を借りるなら、

「ありのままの自分でキャリア形成をする時代になった」

とも言えるでしょう。

 

周りではなく、「自分はどうしたいか」

これを突き詰めていくことこそ、

主体的なキャリア形成につながります。

 

それをサポートするのが、

キャリアカウンセラーの役目の1つではないかと感じています。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す