menu

ぬいぐるみ心理学

ぬいぐるみヨガを体験して来ました!

 

 

こんにちは、いばっちです。

 

 

突然ですが先日、

ぬいぐるみヨガを体験して来ました。

 

その体験が本当に素晴らしいものだったので、

ブログを通してあなたにも伝えたいと思い記事を書きました。

 

ぬいぐるみとヨガがリンクする可能性。

この目で体感して来ました。

 

ぬいぐるみ リーディング 画像

私はぬいぐるみ心理学を通して、

ヨガのインストラクターの女性と出会うことができました。

 

彼女は自分のヨガクラスでは、

大きなクマのぬいぐるみを持参しているとのこと。

 

クマのぬいぐるみがあることで彼女自身が和み、

そして参加者の方も自然と和んでいく。

 

「クマのぬいぐるみにヨガをしたい!」

という声が参加者から挙がる程の状況でした。

 

ヨガで身体の力を抜いていくにしても、

周りの目が気になれば緊張して上手くいかないかもしれない。

 

でもその場にクマのぬいぐるみがあることで、

自然とリラックスしてヨガができる環境が整っているのだそうです。

 

ぬいぐるみヨガとは?

 

ぬいぐるみ 話しかける 画像

 

そんな彼女が都内のスタジオで、

「ぬいぐるみヨガ」を開催しました。

 

通常のヨガは人に対して行うものの、

今回のヨガでは各自ぬいぐるみを連れて来て、

ぬいぐるみと一緒にヨガを体験するというものでした。

 

まずは彼女の声に従って自分自身の身体をリラックス。

その後、自分のぬいぐるみに触れながら、

ぬいぐるみの様々な場所をほぐしていきます。

 

 

そしてぬいぐるみと想い想いの時間を過ごす。

 

実際に話しかけたり、頭の中で話しかけたり、

寝転がって抱きしめたりお腹の上に乗せたり、

その時にしたいなと感じる関わり方をしました。

 

私自身はヨガ自体が初体験だったので、

どこまでヨガの動きができていたかはわかりません。

 

ですがぬいぐるみと触れ合う中で、

今までとは違った関わり方をしていたり、

心の奥がじわっと温かくなる感覚を抱きました。

 

それにヨガを実践した後のぬいぐるみが、

何だか実践前と比べて毛穴が開いている様に、

代謝が良くなったと感じました!

※あくまで感覚ですが、どこか変わった感はありました。

 

 

ちなみにヨガ直前の私のぬいぐるみ。

個人的には鏡に映った後ろ姿がかわいい。

 

ぬいぐるみ ヨガ 画像

 

ぬいぐるみヨガの効果

 

さて、今回ぬいぐるみヨガを体験して、

ぬいぐるみ心理学を実践する上でも非常に役立つなと感じました。

 

 

まずは「ぬいぐるみとの触れ合い」

 

「ありのままの自分」について知る上で、

一番良いのはぬいぐるみと触れ合うこと。

 

ぬいぐるみと触れ合う中で、

今自分がどんな感情を抱いているのかがわかります。

 

特にモヤモヤした時や苦しい時、

周りを気にして自分を抑えている時は、

ぬいぐるみに吐き出す中で、自分の本当の想いが見えて来ます。

 

不安や恐怖感を抱いていたり、

自分の弱さと向き合い切れていない時も、

ぬいぐるみを通して向き合うことができます。

 

ところがぬいぐるみと触れ合うと言われても、

日常生活の中で触れ合うキッカケが作れないという声も聞きます。

 

家族の目が気になってしまったり、

そもそも「関わり方」自体がピンと来なかったりします。

 

40代 恋愛 デート 画像

スタジオで、誰にも見られない空間の中で、

ぬいぐるみと触れ合うことができる。

 

触れ合い方がわからなくても、

普段と異なる環境にも後押しされ、

自然と関わりたい様に関われる様になっていきます。

 

ぬいぐるみを通して見えて来る、

「今、その時のありのままの自分」を感じることができます。

 

 

それに他の参加者の方も、

ぬいぐるみと触れ合っているわけです。

 

1人では一歩踏み出せないという方でも、

みんなでやっているので実践しやすい環境だと言えます。

 

ぬいぐるみ心理学を実践する上で、

ぬいぐるみと触れ合うことは非常に重要です。

 

そのキッカケを生み出す上でも、

また触れ合う感覚を持ち帰る上でも、

ぬいぐるみヨガは有意義な時間だと感じました。

 

ぬいぐるみ心理学 恋 画像

「いや、私ぬいぐるみ好きじゃないから。」

「そもそも今ぬいぐるみ持ってないから。」

 

もしあなたがこの様に感じても、

ぬいぐるみヨガは効果があります。

 

 

ヨガの最後には参加者同士で感じたことを伝え合ったのですが、

その中に「ぬいぐるみが嫌いだった」と語る方がいました。

 

今回ぬいぐるみヨガに参加するために、

前日にぬいぐるみを購入したとのこと。

 

ですがヨガを終えた感想の中では、

「ぬいぐるみにヨガをしてるのに、

何だか自分自身にヨガをしている感覚になった」と話していました。

 

 

ぬいぐるみには無意識の内に自分自身を重ね合わせます。

ぬいぐるみに触れ合うことは、

ありのままの自分が求めているものとも言えます。

 

それをヨガを通して自然と体感していた様です。

 

 

しかもその方は幼い頃はぬいぐるみを持っており、

親に捨てられてしまった経験があったとのこと。

 

ひょっとするとそれがトラウマになり、

ぬいぐるみから距離を置いていたのかもしれません。

彼氏 命令口調 画像

 

ぬいぐるみが好きかどうかは関係なく、

ぬいぐるみを通して今の自分の状態を知りたいという場合。

 

あるいは自分らしく振る舞う上で、

ぬいぐるみに関わるキッカケを作りたい場合。

 

スタジオというプライバシーの守られた空間で、

ぬいぐるみに触れ合うことができるのは、

ものすごい効果的だと感じました。

 

頭で考えるのではなく、

身体を動かしてみたら自然と効果を実感しています。

 

ぬいぐるみ 名前 つける 画像

 

実際にぬいぐるみを持ち寄り、

その場で関わってみる機会。

 

非常に面白かったですし、

ぬいぐるみの可能性がまた1つ広がったと感じています。

※私はまた参加します。

 

 

私自身、ヨガは教えられませんが、

ぬいぐるみを持ち寄りぬいぐるみ心理学を実践する機会が作れたら、

皆さんの背中をさらに一歩、後押しできるだろうなとも感じました。

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す