menu

ぬいぐるみ心理学

周りから評価されるのに幸せになれない理由

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

今日は先日お会いした方の相談内容。

これを取り上げます。

 

おそらく、あなたも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

周りから評価されるのに幸せになれない

 

行動しているのに自信が持てない 画像

その方の相談内容は以下のとおりです。

 

 

======ここから=====

 

 

職場に入ってからは、

「我が社の社員はこうあるべきだ」

という理想像に忠実に働いて来た。

 

確かに成果も挙がったし、

お給料も上がったし、

上司からも可愛がられる様になった。

 

そんな自分に自信も持っているのに、

心のどこかで抱く「これじゃないんだよな〜」感。

 

何か心が苦しいし、

自分の人生を生きていない様な気がして、

体調を崩しがちだった頃もある

 

=====ここまで=====

HSP 仕事 適職 画像

 

彼女のお話を聞いた後、

私はまっ先に問いかけました。

 

「本当の自分はどんな自分?」

「心を許せる人にはどう振る舞ってるの?」

 

 

すると彼女は、

「本当はつらい時はつらいって言って、頼っちゃうんです」

 

 

そして私は再度問いかけました。

 

「じゃあ、職場での自分は本当の自分?」

 

 

 

彼女は答えました。

 

「いや〜、もう全然!」

「しっかり者だね、とか頼れるよね、とか言われて、

普段の自分と真逆なんです・・・」

 

 

周りの評価と幸せは関係ない

 

命令口調 上司 画像

 

どんなに周りから評価されても、

それは自分の幸せとは関係ありません。

 

彼女のケースで考えれば、

評価されているのは職場で演じた彼女。

 

つまり、演じた自分を出せば出すほど、

「しっかり者の」「頼りがいのある」

彼女に惹かれた人ばかり集まって来るんです。

 

もうどんどん苦しくなりますよね。

 

 

頼りたいときは頼っちゃう自分が素の自分なら、

自然体で職場でも振る舞えば良い。

 

それを続けることで、

そんな自分に惹かれる人が集まって来ますし、

結果として周りからも評価される様になります。

 

そして素の自分を出しながら、

結果として会社の理想像にもなぜか当てはまっている、

そんな自分にもなれます。

 

自信があるのに何だか幸せになれない理由

 

自己開示 できない 苦手 方法 画像

彼女の様なケースだと、

自分に自信を持ってらっしゃる場合もあります。

 

評価され、結果も残して来ています。

何より行動し続けているため、

そんな自分に自信を持てています。

 

 

ただし、本当の自分を抑えての評価だと、

常に緊張の糸をピンと張り巡らせている様なもの。

 

どこかで緊張の糸がプツっと切れてしまった瞬間、

一気に自信が崩壊してしまう可能性もあります。

 

 

人からどう見られるかを気にし続けると、

本当の意味で、自分に自信を持つことはできません。

 

人からの見られ方は自分が決める。

自分の関わり方次第で、「あなたのことが好き」

という人ばかりが周りに集まる様になります。

 

ポジティブ思考になる方法 心理学 画像

実際、4月から開催する1日講座でも、

まず自分の関わり方を変えることで、

結果として幸せに周りからも評価されるポイントをお伝えします。

 

私自身も周りの評価を気にして、

大事な所で自分の意見を言えなかった経験が多々あるので、

それを乗り越えて来た過程もお伝えできたらと考えています。

 

ぜひ、楽しみにしてくださいね。

 

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す