menu

ぬいぐるみ心理学

ダッフィーのぬいぐるみをプレゼントするのちょっと待った!

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

 

※画像はダッフィーではありません…(笑)

 

さて、クリスマス誕生日バレンタイン

ホワイトデーなどのプレゼントシーズン。

 

特に男性から女性へのプレゼントが多いでしょうが、

最近は逆パターンもありますね。

 

とにかく・・・

「ダッフィーをプレゼントするの、ちょっと待った!」

 

 

安易にプレゼントするのは、危険ですよ。

※これはシェリーメイジェラトーニでも同様です。

 

前回書いた

「ぬいぐるみをプレゼントする絶対外さない方法」

の記事が好評だったので、

今回は特にダッフィーにスポットを当てて、

その理由を深く掘り下げていきます。

 

もちろん、今回もぬいぐるみ心理学の視点から伝えます。

ダッフィーは「定番」…「何も考えてない!?」

自己開示 できない 苦手 方法 画像

ディズニーシーでの販売からまたたく間に人気者となったダッフィー。

その存在を知らない人は、

少なくともこの記事を読んでいる人の中ではいないですよね?

 

そのかわいさもあってか、

プレゼントの定番になりました。

 

…そう、「定番」なんです。

定番になるということは裏を返せば、

「安易な選択」です。

 

 

もちろん、ダッフィーをプレゼントされて喜ぶ人もいます。

でも、「とりあえずダッフィー」と

置きにいっている感がでてしまうのも正直なところ。

 

過去にプレゼントを渡す相手が

「ダッフィー欲しい」とひと言でも言っていれば、

プレゼントには最適です。

 

しかし、ただ闇雲にダッフィーを

プレゼントするのは避けたい所です。

では、どうすればいいのか…

「定番だから渡してはいけない」

と言いたいわけではありません。

 

「あるポイント」を知っておくだけで、

定番のプレゼントであっても

相手が感激するくらい喜ぶものになります。

プレゼントを渡すまでの「ストーリー性」こそ重要

子供 ぬいぐるみ 心理 画像

そう、意外と見落としがちなのが

この「ストーリー性」です。

 

ドラマや小説でよく出てくる

「何でもかんでもプレゼントをあげる成金」ではいけないんです。

 

 

まずは⇒こちらの動画を見て下さい。

一度見たという方も、

改めてストーリー性に注目して見てください。

 

そう、ただ単にディズニーへ行くだけでは、

一度目はそれで嬉しいかもしれませんが、そこにストーリーはありません。

 

動画の様に、好きな人と行って、

ディズニーで結婚式を挙げて…

といったストーリーがあるからこそ、

強烈な思い出になり記憶に刻まれます。

※別にディズニーで結婚式を挙げろ、

ということではないです(笑)

 

 

ダッフィーをプレゼントするにしても、

そこに至までのストーリーが重要です。

例えば、私が思いつくストーリーをいくつか紹介すると…

 

・事前に、「ダッフィーはディズニーシーでしか売ってない」ことを伝えて、

アフター6等で1人で買いにいく。

そして当日、サプライズでプレゼントする。

 

 

・プレゼントとしてディズニーシーのチケットを渡す。

そして一緒にディズニーシーにいる途中で、

「トイレ」等の理由をつけてダッフィーを内緒で買ってサプライズで渡す。

 

 

こうしたストーリー性があるだけで、

定番のプレゼントが何十倍にも彩りを放ちます。

まとめ

よりよい余暇の過ごし方 画像

今回の話って、ダッフィーだけでなく

他のプレゼントにも言えることです。

 

特に、「リング」「ぬいぐるみ」等、

定番のプレゼントを渡す時は、一層意識してください。

 

プレゼントの成功を、願ってます!

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す