menu

ぬいぐるみ心理学

なぜ期限を守る必要があるのか

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

こんにちは、いばっちです。

 

 

今日のタイトルを見て、

「何だか子供の頃から言われて来たことだな」

と思ったかもしれません。

 

「期限を守ることが当たり前だ!」

と言わんばかりに、頭ごなしに言われたかもしれません。

 

 

ですがぬいぐるみ心理学を提供する中では、

着実に成果を挙げられた方は期限を守られています。

 

そして期限を守ることが大切な理由は、

ぬいぐるみ心理学において明確に存在します。

 

「期限を守る」とは?

 

 

例えば1day講座の受講料にしても、

お申し込みいただいた後に振込期日をこちらから指定しています。

 

あるいは過去に実施していた個人面談でも、

「この日までにこれを実践しましょう」と

お客様によって期限を定めることもありました。

 

 

なぜ期限を定めるのか。

それは期限を定めるということが、

その方にとっての「本気度」「覚悟」につながると確信しているからです。

 

 

裏を返せば期限を守らないということは、

「今は変わらなくても良いかな…」と

変化を先延ばしにしていることにもつながります。

 

 

私はぬいぐるみ心理学を通して、

変化を先延ばしにすればするほど、

同じ問題が形を変えて何度も繰り返されることを知っています。

 

お客様には同じ問題を繰り返して欲しくないからこそ、

期限を守るということは徹底して意識しています。

 

 

かなり以前に、とあるお客様と面談したのですが、

面談時に「いつまでにこれを実践して下さい」と

お伝えした内容を、何一つ実践しないまま、

「また面談して下さい」とお願いされたことがあります。

 

「変わる気があるのかな?」と疑問に感じたので、

上記の理由をすべて伝え、継続の面談をお断りしました。

 

 

期限を守ることで変化が始まる

 

 

もちろん実践には不安や恐怖もあるでしょう。

向き合いたくない過去の課題と向き合ったりと、

途中でもがくことだってあるでしょう。

 

 

ですが想いさえあれば、

そして覚悟さえあれば、

確実に変化へ向けて進んでいます。

 

 

期限を守ることは、

変化を生み出す上での必須条件なのです。

 

 

もちろん、何かしらの事情で

当初の期限を守るのが難しければ、

声に出して伝えれば良いのです。

 

大事なのは声に出すこと。

声に出しながら、その時その瞬間の

「どうしたいのか?」に素直に振る舞うこと。

 

 

私は期限を守れたかどうか以上に、

お客様の「変わりたい」という想いを見ています。

 

想いが伝われば、後は柔軟に対応することもあります。

 

 

期限を守ることを意識しながら、

声に出して実践していきましょう。

 

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す