menu

ぬいぐるみ心理学

【うわべだけの付き合いが苦しい…】ありのままの自分を出す方法

[記事公開日]2014/12/14
[最終更新日]2018/10/14

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

大人になればなるほど、

人間関係で起こる現象の1つに、

「うわべだけの付き合い」があります。

 

私はぬいぐるみ心理学を提供していますが、

その中でよく相談されることの1つに

うわべだけの関係が苦しい」

というものがあります。

 

「うわべだけの関係」は確かに楽です。

ですが相手の本心が見えてこないので、

同時に不安にも駆られます。

 

「本当にそう思ってるのだろうか?」

「実は私のこと嫌いじゃないのか?」

 

職場や学校でも見られるこの現象について、

今回の記事では解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座
 

「うわべだけ」で問題なく生きれる

人の目を気にする 克服 画像

 

なぜうわべだけのコミュニケーションを

とってしまうのか?

 

・・・要するに、

本音で語り合わなくてもやっていけるからです。

 

うわべだけの付き合いを覚えるタイミング

…私は大学にあると考えています。

 

小学校から高校までは、

クラスごとに区切られていて、

否が応でも毎日同じ顔を見て

集団生活を送らなければいけませんでした。

 

何となく、場当たり的な受け答えをしていたら、

「あいつあり得ない」と思われて

クラスの中で浮いてしまいます。

 

この年代において、

クラスで孤立するというのは重大問題です。

クラスに居場所がなくなることほど、

つらいものはありません。

 

他に居場所を見つけようにも、

部活や委員会など、

学校という大きな枠から出ることは

ほとんどありません。

 

だからこそ良い顔を演じて

クラスになじもうとしたり、

特定のグループに居続けるために

日々努力するわけです。

 

自己開示 できない 苦手 方法 画像

 

一方で、大学は関係性が多様化します。

同じ学年の人とは授業やゼミでしか

会わないなんてこともあります。

 

アルバイトにサークル、ボランティアなど、

大学の枠を超えた人間関係を

築くことができるのも、この年代からです。

 

ということは、

そこまで深く関わる必要がない人に対しては、

表面的な付き合いで済んでしまいます。

 

仕事 本音が言えない 画像

 

そして、会社です。

 

人によっては就職すれば

定年を迎えるまでその会社に

いることもあります。

 

ただし当然ながら部署の異動によって

人間関係は変わっていきます。

 

また社会人(大人)になれば、

自分の意志で転職したり起業したりと、

変化を起こすことができます。

 

これが小中高だと親の都合で

どうにもできないところがあるので、

自ら人間関係を変えていけるというのは

非常に大きなことです。

 

つまり職場では何となく、

適当にコミュニケーションをとっていても、

仕事さえ上手くやれていたら問題ないんです。

 

周りもそこまで深く突っ込んで来ないならば、

本心をさらけ出す必要はありませんからね。

 

「仕事も上手くやれて、お金ももらえる。

いざとなれば自分で転職できる。」

こうした条件がそろっていれば、

うわべだけの付き合いをする人がいるのも

ある意味で仕方ないことです。

 

どうすれば、本音で語り合える?

よりよい余暇の過ごし方 画像

 

ですが、うわべだけの関係が苦痛で

悩んでいる人もいるでしょう。

 

相手の考えていることがわからず

ストレスがたまってしまうこともある。

あるいは社内でプロジェクトを進める上で、

どうしても相手の本音が知りたいこともある。

 

そんな時にどうすれば良いのか。

 

ここでは解決策の1つとして、

「自己開示」を伝えます。

 

自己開示とはその名の通り、

自分自身のことを開示することです。

これを、相手より先に自分がやるんです。

 

「この人、本当は何考えてるのかわからない」

もしあなたがこの様に思っているならば、

実は相手もそう思っています。

 

相手がうわべだけの関係をしていると、

自然と自分も相手に対してうわべだけの関係で

接してしまっているんです。

 

これでは、本音で語り合うことはできません。

ですので、まずは自分から本音を

相手に伝えていくことです。

 

実践 行動 一歩 歩み 画像

 

また自己開示には程度があって、

程度の深い自己開示をすればするほど、

相手も深い開示をしてくれます。

 

例えばあなたが今夜作る

料理の話をしたとします。

 

これは自己開示の程度としては軽いので、

相手も今夜作る料理の話や

それに準ずる程度の話しかしてくれません。

 

ですが仕事の想いや人生でやりたいこと等、

自分でも話すのをためらいそうなものは、

深い自己開示です。

 

相手に伝えれば、当然深い開示が期待できます。

 

ちなみに「お酒の席では本音で語れる」

と言われますが、その理由はここにあります。

酔うことで普段はためらうような話が、

ためらわずにお酒の力を借りて出てくるんです。

 

 

まとめ

40代 恋愛 デート 画像

 

あなたがうわべだけの関係に悩んでいるのなら、

まずは自己開示をして下さい。

 

程度の深い自己開示をすればするほど、

相手は「うわべ」を捨てて、

本音で語ってくれる様になります。

 

PS

といいつつ、程度の深い自己開示は、

あまりにも強烈なものだと

相手が引いてしまう可能性もあります。

 

いきなり、「私離婚しようと思ってるんだよね」

なんて言われたら、反応に困りませんか?(笑)

 

程度の深い自己開示は大切ですが、

相手との関係性も踏まえた上で

少しずつしてください。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す