menu

ぬいぐるみ心理学

周りの目を気にしすぎる自分から卒業する3つの方法

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回は「周りの目を気にし過ぎる自分から卒業する3つの方法」 

これについてお伝えします。

 

周りの目を気にしすぎてしまう・・・

 

 

私は周りの目を気にして良い子を演じながら、

気づけば自分に自信が持てなくなっていました。

 

「自信がない自分から卒業する」

「いつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる」

 

ぬいぐるみ心理学のゴールですが、

私自身も悩みながら行動し、そして変化して来た過程を、

ぬいぐるみ心理学にまとめお客様へ提供しています。

 

 

実際お客様からも仕事や恋愛など様々な場面で、

「周りの目を気にしすぎてしまう」という声をいただいています。

 

 

すべての悩みの根本的な原因は自信のなさ。

自信がないからこそ周りを気にして良い子を演じたり、

あるいは自分の気持ちを抑えたりします。

 

叱られると何も言わず黙ってしまうことが過去の私にもありましたが、

これも「何か言えば相手から反発される」ことを恐れていたのでしょうね。

 

周りの目を気にし過ぎる自分から卒業する3つの方法

 

 

私はこれまで1100名以上にぬいぐるみ心理学を提供して来ました。

 

その中で、仕事でも恋愛でもどんな場面においても、

周りの目を気にせずに自信のある状態で振る舞うための3つの方法にたどり着きました。

 

今回の記事では、3つの方法をお伝えします。

 

 

まず1つ目の方法は「周りの目を気にしている自分に気づくこと」

 

「今、周りの目を気にしているな」と気づけなければ、

不安が頭の中でどんどん膨らみ、

気づけば平常心を保てなくなってしまいます。

 

 

そして周りの目を気にしていると気づくためには、

声に出しながら自分の気持ちに気づいてください。

 

この「声に出す」という行為。

自信が持てずに悩んでいる人の多くが行っていません。

 

まずは独り言で構いませんので、

声に出すことを意識して実行してください。

 

 

「自分はどうしたいのか?」と問いかける

 

 

そして2つ目の方法が、

「自分はどうしたいのか?」と問いかけることです。

 

周りの目を気にしてしまうということは、

「周りありき」で自然と考えてしまっているということ。

 

周りが何を考えているのかは周りにしかわかりません。

つまり周りを気にすればするほど、

正解のない迷路に迷い込むことになってしまうのです。

 

まずは問いかける主語を自分にすること。

「自分はどうしたいのか?」と問いかけてください。

 

自分の気持ちに気づくだけでも、

想像以上にスッキリします。

 

まずは自己完結できる場面から行動に移す

 

 

そして3つ目の方法は「実際に行動へ移すこと」

ですがいきなり相手を目の前にすると、

どうしても緊張して行動に移せないことがあります。

 

そこでオススメなのが、

まずは自分1人で完結できる場面で行動に移すことです。

 

 

食べたいものを食べたり、

着たい服を着たり、

行きたい場所へ行ったり、

 

相手の反応を気にしない場面から行動することで、

相手がいる場面でも自然と行動できる様に慣れて来ます。

 

 

この3つの方法を素直に実践することで、

周りの目を気にし過ぎる自分から卒業することができます。

 

ぜひ意識して試してくださいね。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す