menu

ぬいぐるみ心理学

【衝撃】恋人・パートナーはあなたの●●●●に似ている!?

 

 

こんにちは!

 

さて、今日の話は、人によってはかなりショッキングなものになります。

 

ただ、ぬいぐるみ心理学を実践していて、

また単に雑談していても、今日の話は確信を持って言えることです。

 

 

で、タイトルの●●●●には何が入るでしょうか?

正解は、

 

「お父さん」

「お母さん」



です。

 

・・・はい、何人か発狂しそうな声が聞こえてきます(笑)

 

実は、私達って付き合う・結婚する相手に自分の親を当てはめているんです。

 

あなたが女性ならお父さん。

あなたが男性ならお母さんの姿を・・・

 

うまくいっているかどうかに関わらず、この傾向は非常に強いです。

年を重ねるごとに、一層強くなります。

 

じゃあ、なぜ自分の親を相手に求めるのか?

その理由は簡単です。

 

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

 

両親があなたの恋愛のモデルだからです。

 

 

生まれてから今まで、一番長く、一番身近に触れていた恋愛の形。

それは、両親の恋愛です。

 

どうやって相手に接していたか。

どんなことをされたか気持ちいいか。

どんな時に怒っているのか。

男女関係という点では、自然と両親をモデルにしているんです。

 

たとえ両親が嫌いでも・・・

 

もし、「お父さん・お母さんが嫌い」だと思っていたとしても・・・

あなたは、両親が居心地が良い様に自然と振る舞える。

 

「文句を言いたいけど、ここはガマンした方がいいな」

 

こうした日常のクセが身に付き、

気づけばお父さん・お母さんの様な異性が

寄ってきやすくなっているのです。

 

お父さん・お母さんの様な異性は、

あなたの自然な振る舞いに対して居心地の良さを感じますからね。

 

まさに、「同じ匂い」をかぎわけてくるわけです。

 

 

とはいえ、

「いや、私はお父さん(お母さん)が嫌いだし!」

と反発したい人もいるでしょう。

 

でも、不思議なことに、

たとえ嫌いだったとしても、

お父さん・お母さんらしい人を相手にしてしまっているんです。

 

そして、両親が上手くいっていない場合は、

自分も上手くいかないケースが多いんです。

 

 

「なぜ嫌いなのに、相手に選んでしまうのか?」

「なぜ上手くいかない恋愛をしているのを間近で見てきたのに、

同じ様な人と付き合ってしまうのか?」

 

これも無意識なんです。

 

生まれてから見てきた恋愛の形が両親。

だからこそ、

 

「両親の様な恋愛をするものだ」

「両親の様な夫婦関係を営むべきだ」

という固定観念ができてしまっているんです。

母親のような人を好きになる男性心理 理由 画像

ただし、ここからが重要なんですが・・・

 

この固定観念は、取り除くことができます。

 

恋愛の仕方は人の数だけある。

だからこそ、両親の恋愛が絶対ではない。

取り除くことはできるんです。

 

 

ただ、その方法を説明すると長くなる・

文章では説明しきれない、感覚的なものもあります。

 

気になる方はお問い合わせ等で直接聞いて下さい。

 

では、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す