menu

ぬいぐるみ心理学

ありのままの自分を出すこと〜椎名林檎のインタビューから〜

こんにちは。伊庭和高です。

さて、私は今日、椎名林檎さんのインタビューを読みました。

インタビューはこちらです。

 

別に私は椎名林檎さんのことを好きでも嫌いでもなかったのですが、

この記事を読んで、彼女の生き方にものすごく共感しました。

 

少し長い記事ですが、読んでみて下さい。

 

 

さて、この記事の中で、特に私が共感した点について、

具体的に見ていきたいと思います。

「自分の想いを発信し続ける」

 

 

これ、簡単な様に見えて、結構難しいですよね。

 

 

思うことがあって、それを伝えていきたい。

でも、周りから反対されたり、現実的な壁にぶち当たったり。

ネガティブなウワサが立ってしまうこともあります。

 

実際、彼女も曲を発表する中で、

思想的な批判を一部の人からされたことを告白しています。
でも、彼女の場合、そんなこと一切気にしてません。

 

あくまで、自分の感じたものを自分の形で、発信し続ける。

この姿勢は、デビュー当時からぶれていません。

 

 

もちろん、日本人全体に受け入れられるかといえば、

そうではありません。

 

100点をつける人もいれば、

0点をつけて見向きもしない人もいるでしょう。

 

でも、彼女はそれもわかっている。

むしろ、それを良しとしている。

 

「響く人には響き、響かない人には響かない」

このスタンスで一貫しているからこそ、

彼女の世界観に共感するファンがい続けるのでしょう。

 

40代 恋愛 デート 画像

 

自分の想いを発信し続ける。

一本の軸を通し続ける。

 

それが大事だからとか、社会の中で必要だからとか、

そういうことじゃない。

 

そういうものとして、当たり前に続けていく。

そこに彼女の魅力があるんじゃないか、と感じました。

 

 

結局、想いをぶらそうと思えばいくらでもできます。

その方が楽ですし、責任も伴わない。

 

人間って感情の生き物ですから、

「こうだ!」と思ったものを正当化する理由を後付けします。

 

感情のまま生きていれば、

たとえ想いがぶれぶれだったとしても、

「いや、こうだから…」と納得させることはできます。

 

言っていること、やっていることをコロコロ変えたところで、

誰からも罰せられることはありません。

 

でも、何かモヤモヤする想いを抱え続けるんですよね。

 

飛び込み営業 辛い 画像

 

例えば仕事。

 

職場の雰囲気や仕事内容に不満を持っていて、

「自分はもっとやれる!」と決意する。

 

本を読んだり交流会に参加したり、

セミナーへ行ったりと行動はしている。

 

でも、ほとんどの人が、

 

・会社内で目立った業績を上げることなく、

・抱えている不満を解決することなく、

・転職して自分らしい人生を歩むことなく、

 

モヤモヤを抱えたまま、今の環境に合わせてしまうんです。

 

 

自分の想いを発信し続けることは、短期間で完成しません。

 

椎名林檎さんだって、デビューして15年以上も一貫して、

同じ想いを作品を変えながら発信し続けているわけです。

数ヶ月単位で成果が出るものでもない。

地道なものなんです。

 

実践 行動 一歩 歩み 画像

 

そしてこれは、ぬいぐるみ心理学だってそうです。

私はぬいぐるみ心理学を通して、

素の自分全開で、ストレスなく生きられる人を増やしたい、と本気で思っています。

 

 

「Let it goでストレスフリーな人間関係を」

これはお客さんと一緒に目指す理想の姿です。

 

ただ、ぬいぐるみ心理学が全員に受け入れられるかといえば、

そうじゃないことも理解しています。

 

時には批判されることもありますし、

「そんなの無理だ」と言う人もいます。

 

だからといって、私は私の姿勢を曲げませんし、

実際に変わっていく人を目の当たりにしています。

 

 

このサイトの内容だけで、私の想いを伝え切ることは、到底無理でしょう。

ですが、私はこれからも、この姿勢を貫きます。

 

良いと思ったもの、

必要だと思ったもの、

これらを発信し続けます。

 

 

1ヶ月、2ヶ月の単位じゃない。

何年も変わらずに、発信し続けます。

 

ぬいぐるみ 心理 画像

 

かつてナポレオンが、

「私は常に、2年先を見て行動している」

という言葉を残しています。

 

 

このサイトの内容だけを見て、

私の発言だけを見て、

どう感じるかはあなたの自由です。

「もっと深く関わりたい!」と思う人もいれば、

「自分には合わない」と思う人もいます。

 

どっちでも構いません。

 

 

ただ、私は2年と言わず、もっと先の未来を見ています。

 

だからこそ、サイトを通して想いを伝え続けますし、

ぬいぐるみリーディング等を通してぬいぐるみ心理学を提供し続けます。

 

1度提供しただけでは終わらない。

その後の実践に関わり続ける取り組みも行っています。

 

 

「響く人には響き、響かない人には響かない」

これで良いと思っていますし、

どんな状況でも、私は一貫して想いを伝え続けます。

 

 

まあ、15年以上それをやり続けている椎名林檎さんはすごいですし、

私も、もっと長いスパンでやり続けようと感じました。

その点で、彼女のインタビューには本当に共感しました。

 

 

地道に、コツコツ、想いを伝え続けていく。

これからも、ひたむきにやり続けていきます。

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す