menu

ぬいぐるみ心理学

恋愛において長く付き合う2つの方法とは?

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

 

 

 

最近ふと自分の書いた記事を見返すと、

「恋愛関係が多いな…」ということに気づきました。

 

 

 

もちろんぬいぐるみ心理学なので人間関係全般に注目しています。

恋愛の記事があってもおかしくはありません。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、なぜか恋愛系の記事が多い…笑

 

一時期、立て続けに恋愛関係の相談を受けたことが影響しているのでしょう。

 

 

 

 

 

もちろん、仕事など他の分野にも活かせるので、

そうした記事も書いていきます。

 

 

 

 

 

では、今回のテーマは「長く付き合う方法」です。

 

 

 

 

「付き合うんだけど、長く続かない」

 

「付き合ってから、急に冷めちゃう…」

 

 

 

理由は色々あるでしょうが、

長続きしなければ結婚まではたどりつけません。

 

 

 

そこでこの記事では、恋愛において長く付き合うために、

意識して欲しいポイントを2つお伝えします。

 

 

 

 

 

 

長続きする恋愛のヒケツは?

 

 

 

 

 

 

方法1:とにかく本音で接する

 

 

 

これは今までの記事でも散々お伝えしていますね。

 

 

 

 

付き合った当初は素敵な自分を見せようとするため、

どこかよそよそしい感じで自分を演じています。

 

 

もちろん、相手にとっては自分の悪い面が見えにくいので、

好感度としては上がっていきます。

 

 

 

 

 

ですが付き合い始めると次第に、

「本当は何を考えてるのかわからない」と感じる様になります。

 

 

これでは、長く続かないのも納得ですね。

 

 

 

 

相手にどう思われるかわかりませんし、

場合によってはケンカになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ですがまず、本音を伝えてください。

飾らずに接して下さい。

 

 

すると相手も心を許し、素の自分を出し始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

方法2:信頼する

 

 

 

 

 

「メールの返信が遅い」

 

「こうしてくれると思ったのに…」

 

 

 

付き合っているからこそ、

無意識の内に相手に期待してしまいます。

 

 

 

 

 

ですが、相手が自分の思う通りに動いてくれる保証はありません。

 

 

 

 

 

付き合っている方こそ、私達は相手に期待しがちです。

 

 

相手が自分の思う通りに動いてくれないと不安になったり、

「裏切られた」と感じてしまいます。

 

 

 

 

そうではなく、相手のことを信頼して下さい。

 

 

 

 

 

 

「何か理由があったんだな」

 

「実はこういう狙いがあるんだな」

 

 

 

 

何が起きても相手を信頼し、取り乱さない。

 

 

 

これにより相手も、「自分は信頼されている」と感じ、

居心地の良い関係になっていきます。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

紙飛行機 画像

 

 

 

過去の記事でも書きましたが、

恋をしている段階では心が乱されやすいです。

 

 

 

 

だからこそ、相手に対して必要以上に敏感になり、

関係を壊してしまいかねません。

 

 

 

 

今回お伝えした2つの方法については、

毎日少しずつ意識してみて下さい。

 

 

 

劇的な変化がすぐ生まれるわけではありませんが、

意識するだけで少しずつ状況は良くなっていきます。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す