menu

ぬいぐるみ心理学

対人関係が苦手な人は仕事でどうすれば良いのか?

[記事公開日]2015/03/03
[最終更新日]2018/10/15

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

 

私達は大人になれば、形は様々ですが仕事をして生きていきます。

 

仕事は1人ではできません。

取引先の相手や職場の同僚など、

様々な人との関わり合いの中で進んでいきます。

 

だからこそ、上手く人間関係を築いていくことが大事になってきます。

 

 

とはいえ、タイトルにも書きましたが、

全員が全員、対人関係の得意な人ばかりではありません。

 

人と関わることが苦手な人もいれば、

職場内での適切な振る舞いがわからない人もいるでしょう。

 

 

私はぬいぐるみ心理学を通して人間関係において、

自然とありのままの自分が出せる方法をお伝えしています。

また、ほとんどストレスのない人付き合いの方法もお伝えしています。

 

人付き合いが苦手だからといって、

それこそ流れ作業の様な人と関わらない仕事を選ばないといけない、

なんてことはないのです。

 

この記事では、仕事において対人関係の苦手な人が、

上手く仕事をやっていくための重要ポイントをお伝えします。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

まずは自分を知る

 

 

まず、人間関係における「素の自分」を知ることです。

 

 

例えば、あなたが人の話を聞くことが自然と上手くできるのに、

「仕事だし、どんどん話していかないと…」といった理由で、

積極的に話しかけようとする。

 

これでは当然上手くいかないし、ストレスもかかります。

 

しかも変に自分を演じてしまっているため、話すのが上手くないため、

「この人は何を言いたいんだ…」と相手もイライラしてしまいます。

 

 

対人関係とは、人と人との関係を表しているのであって、

「話さなければいけない」わけではないんです。

 

 

私はぬいぐるみ心理学をお客さんに提供する中で、

その人の人間関係における素の自分を導き出しています。

 

「人付き合いが苦手」と今まで感じていたのであれば、

それは苦手なのではなく「自分らしさを出せてない」だけかもしれません。

 

自分らしさを出せば、どんな相手に対してでもストレスなく、

そのままの自分で関わることができます。

 

最後に〜実は周りに無意識の内に振り回されている〜

 

無意識 思い込み 画像

 

ここまでの話で何度も「自分らしさを知る」と伝えてきました。

 

自分らしさというと抽象的な言葉にも見えますが、

人間関係においては非常に重要です。

 

おそらく、今回のタイトルにある悩みを抱えている人は、

周りに無意識の内に振り回されています。

 

「怖い上司がいて、合わせないといけない…」

「周りから求められる姿にならないといけない…」

「みんなうわべだけの会話をしてるから、自分もそうしないと…」

 

 

無意識の内に「相手」を中心に考えているので自分が出せず、

負のスパイラルに陥ってしまう。

 

それが何度も続くと、仕事で素の自分をどう出せば良いのか、

忘れてしまうわけです。

 

だからこそ、まずは素の自分を知り、

自然と仕事でも出していく必要があります。

 

これさえできれば、自然と人間関係は上手くいきます。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す