menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

【4月15日開催】ぬいぐるみ心理学1day講座レポート

[記事公開日]2017/04/18
[最終更新日]2020/04/09

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

4月15日に、

ぬいぐるみ心理学1day講座を開催しました。

今回は講座の様子をお伝えします。

 

本当に変わりたい

 

 

参加されたお客様に共通していたのは、

今の自分から変わりたい気持ち。

 

緊張しながらも、

勇気を持って参加して下さった方。

 

 

長くぬいぐるみ心理学を受けて下さる中で、

今この瞬間から本当に変わりたいと想いを持っていた方。

 

遠く大阪から参加して下さった方。

 

6名のお客様それぞれに、

勇気を持って講座に来て下さったことが伝わって来ました。

 

 

実際、私も開始3分で、

想いの強さに気づきました。

 

「この3時間で身につける」という目の輝きが、

皆さんから存分に伝わって来ました。

 

 

「今までは知識を得ただけで何も変わらなかった」

「頭の中で悩みを抱えてパンパンになっていた」

「講座を通して声に出しながら、心地良い疲れを感じた」

 

あるお客様が伝えて下さった言葉ですが、

現状を素直に認めて、変化を起こすために講座を受けて下さった様子がわかります。

 

お客様の想いが伝わり、

そして変化の最初の瞬間に立ち会えるのは、本当に幸せです。

 

大丈夫、変わりたい気持ちは知ってます

 

 

「私、覚悟あるのかな…」

 

懇親会であるお客様がこの様につぶやきました。

 

 

「●●さんの過去のメールはすべて読んでいます」

「大丈夫。変わりたい覚悟があるのを私は知っています」

 

私はこの様に返答しました。

 

 

お友達やお知り合いの方と一緒に参加されたとしても、

大多数の参加者とは初対面。

 

そもそも私とも初めて会うというお客様もいます。

 

そんな状況で、

勇気を持って講座を受けて下さったこと。

 

その時点で、変わりたいという想いは伝わって来ます。

 

 

実際、講座の休憩時間中に、思い切って質問して下さった方もいました。

懇親会中に講座の内容を意識して実践していた方もいました。

講座終了後すぐにメールを下さった方もいました。

 

覚悟、ちゃんと伝わって来ていますよ。

 

 

4月14日に私は、

『優しいけど厳しい理由』というメールを送りましたが、

変わりたいという想いが伝わって来る方に関しては基本的に優しいです。

※もちろん、「甘い」という意味ではありません。

 

4月2日、8日、15日と、

講座に参加いただいた方の覚悟は知っているので、

私も想いを持って関わらせていただきます。

 

 

一歩踏み出すこと

 

 

人によって現状は異なりますので、

お客様によって関わり方は変わります。

 

講座や懇親会中に、

「厳しいな」と感じる質問を投げかけたかもしれません。

 

あるいは「向き合いたくないな」という質問を

投げかけられたと感じているかもしれません。

 

 

講座や懇親会、そして日々の返信を通して、

お客様1人1人の現状をできる限り把握しています。

 

そして一歩ずつ前進し、

自信がない自分から卒業するために、

最適な関わり方を私はしています。

 

一緒に向き合い前進することが、

私の仕事であり役目だと感じています。

 

 

日々のメールはもちろん、

1day講座が皆さんにとって、

自信がない自分から卒業するための一歩になることを願っています。

 

同時に私も想いを込めて関わり続けます。

 

 

◆1day講座の感想の一部はこちら

※参加者の方の同意を得ています。

 

 

 

 

 

 

今後の1day 講座日程

 

 

今後1day講座の参加を希望される場合は、

以下の優先案内に登録ください。

 

優先案内に登録いただいた方から、

次回の講座日程の優先的なご案内、

そして先行での申込を受付させていただきます。

 

◆講座の詳細はこちら

 

◇優先案内登録はこちら
本日も最後まで読んで下さりありがとうございました!

 

 

※大阪からいらっしゃったお客様からお土産をいただきました!

ちょうど良い大きさでしたので、ぬいぐるみを上に乗せてみました。

嬉しかったです!

 

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事