menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

【2019年4・5月開催】1day講座のレポートをお届けします!

[記事公開日]2019/05/27
[最終更新日]2020/07/13

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回は4月と5月に開催した

1day講座のレポートをお届けします!

 

4月から平日にも講座を開催し始めましたが、

平日にお休みや都合のつく方が多数参加してくださりました。

 

男性や女性の方、

関東近郊や新潟・大阪・和歌山など全国からも、

さまざまな方が参加してくださり、

私も本当に嬉しかったです“

 

さて、まずは参加者の皆さんの感想を一部紹介します。

※感想を公開する許可をいただいた方のみ紹介します

 

 

 

 

 

 

1day講座に参加された理由を

読んでいただくとわかる通り、

皆さん何かしらの強い想いがあって講座に参加して下さりました。

 

 

現状を好転させられる人とそうでない人の違いとは、

自分の気持ちに素直に行動できるかどうかだと私は考えています。

 

別に参加理由が具体的にまとまっていなくても良いですし、

「何かピンと来たから」でも全然良いとは思います。

 

具体的な言葉にならなくても、

自分の中の感覚に気づいて素直に行動できているならば、

それも非常に大切なことだと思います。

ただ1つ確かなことは、

具体的でも感覚的であっても、

強い想いを持って参加して下さったということ。

 

◆悩みを解決したい

◆目標を実現したい

◆現状を変えたい

 

どんな事柄でも構いませんが、

前に進むと決めて参加された方ばかりだったと感じています。

 

その人が本当に望む毎日を実現する上でぬいぐるみ心理学は役立つのですが、

その人自身に強い想いがなければ状況が好転することはありませんからね。

 

もちろん、想いの強さは人と比べる必要はありません。

自分の中で現状から突き動かす何かがあるならば、

それは自分にとって強い想いだと言えます。

現状から前に踏み出したいという強い想いを持っている方と、

1day講座当日にお会いできることを、

私も今から楽しみにしています。

 

◆講座の詳細はこちら

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事