menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

1day講座のレポートをお届けします【最新】

[記事公開日]2019/11/18
[最終更新日]2020/04/09

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

9月、10月と1day講座を開催して来ました。

 

今回は1day講座の様子をお伝えします。

 

1day講座は少人数で開催しているのですが、

年齢や性別、住んでいる場所を問わず、

様々な方が参加して下さりました。

 

まず最初に、参加者の感想を紹介しますね。

※公開しても良いという方の感想のみ取り上げます

 

 

 

 

 

 

 

 

「職場の人間関係に悩んでいます」

 

「人目を気にして悩んでいます」

 

「自分の意見が言えずに悩んでいます」

 

 

「悩んでいます」という声を聞くことは多いのですが、

悩みの根本的な原因に気づいている人は非常に少ないです。

 

悩みを抱きながらも、

一体どこから向き合って良いのかがわからない状態。

 

これでは一向に解決に向かって進んでいきません。

例えば体調を崩して病院に行ったのに、

「病気の原因はわかりません」と言われている様なもの。

 

何の薬を飲めば良いかわからず、

病気が長期化したり悪化してしまいます。

 

「インフルエンザウイルスが原因です」という様に、

原因が明確にわかることで具体的な対策をとることもできます。

悩みの根本的な原因に気づき、

具体的にどうすれば解決へと向かうのか。

 

1day講座で体系的にお伝えしています。

また1day講座の最中から、

解決へと向かう方法を実践する機会も設けています。

 

私は知識をお伝えするつもりもなければ、

良い話をするつもりもありません。

 

参加者の皆さんに変化が起こる様に関わりたいと考えています。

 

「良い話を聞いたな!」で終わってしまえば、

その瞬間はスッキリしても3日後には悩みが再発してしまいます。

 

単に知識がわかれば良いのではなく、

現状と向き合い行動していく姿勢があるからこそ、

悩みも解決へと向かい願いも実現し始めます。

実際1day講座では、

悩みを解決する方法の1つとして「声に出すこと」をお伝えしています。

 

講座中にも実践する機会を作っているのですが、

「声に出せていなかったことを実感した」

という様な感想を参加者から受けています。

 

「声に出すことは大切だ!」と知識で終えるのではなく、

日常の中で具体的な行動に移すことができれば、

着実に状況は好転し始めます。

これまでの状況は一切関係ありません。

 

自分と向き合うことで、

本気で悩みを解決したいと思う方と、

1day講座でお会いできるのを私も楽しみにしています。

 

◆1day講座の詳細はこちら

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事