menu

9〜12個当てはまったあなたは…

ズバリ八方美人です!

9個〜12個当てはまったあなたは、

自覚の有無に関わらず、

既に八方美人で日常に問題が発生している状態です。

 

さまざまな場面において、

八方美人に悩まされていると言えます。

 

このタイミングで向き合わなければ、

取り返しのつかないことになる可能性もあり、

現状を変えるための瀬戸際とも言えます。

 

八方美人を演じる原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの根本原因は自信のなさだと解説しています。

 

八方美人を演じるのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

もし自分に自信があれば、

相手に良く思われようと自分を演じることはありません。

 

自分の気持ちに素直に、

堂々と振る舞いながら関係を築けるのです。

 

ですが自分に自信が持てずにいると、

周りの目を気にしてしまいます。

 

相手の顔色を伺いながら、

八方美人を演じてしまうのです。

 

つまり八方美人とは、

自分よりも相手ありきになっている状態です。

 

ですが相手の気持ちは、

どれだけ考えてもわかりません。

 

答えのわからない問題を解いている様なもので、

いつまでも正解にたどり着けないのです。

 

結果的に悩みは深まり、

ますます八方美人を演じてしまいます。

 

幼少期にキッカケがある

私たちの自信のなさは、

幼少期の経験が影響しています。

 

生まれた時から自信がない人はいません。

 

赤ちゃんが八方美人を演じることはないのです。

 

泣きたい時に泣き、

笑いたい時に笑い、

欲しい物は欲しいと主張できていました。

 

ですが大人になるにつれて、

周りを気にして自信が持てなくなってしまいます。

 

また私たち人間は親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親との関わりによって自信のなさが生まれ、

八方美人を演じる様になった人も多いです。

 

「親の顔色を伺っていた」

「親の前で良い子を演じていた」

「怒られない様に意識していた」

「親も八方美人だった」

 

たとえばこうした場合だと、

子供にも悪影響が及んでしまうのです。

 

誰にでも良い顔をする始まりが、

親だったということです。

 

悩みは形を変えて繰り返される

私はよく「悩みは形を変えて繰り返される」と解説します。

 

例えば付き合う相手や環境を変えても、

八方美人で悩まされる状況が生まれるのです。

 

「職場を変えれば…」

「恋人を変えれば…」

 

この様に周りを変えたとしても、

自分が変わらなければ悩みに何度でも直面します。

 

時間が解決してくれることはなく、

似た様な悩みが繰り返されてしまうのです。

 

また人によっては、

特定の場面で八方美人が強まることもあります。

 

「高圧的な人の前では…」

「仕事においては…」

「恋愛においては…」

 

この様に特定の場面で悩みが発生すれば、

場面を変えても同じ悩みに直面し続けるのです。

 

もし幼少期から八方美人を演じていたならば、

大人になる中で悩みを繰り返して来たと言えます。

 

学校、職場、恋愛、友達、親子など、

さまざまな場面で問題が発生していたのです。

 

八方美人の原因である自信のなさに向き合わないと、

この先も同じ悩みを繰り返してしまうでしょう。

 

今からできる八方美人の対処法

ここでは八方美人の対処法として2つ紹介します。

 

今から実践することで、

状況が悪化するのを防ぐことができます。

 

まず最初の方法が、

自分の気持ちを声に出すこと。

 

八方美人になってしまう時ほど、

頭の中で考える癖があります。

 

私の著書『ストレスフリー人間関係』でも解説していますが、

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

1日の中で約6万もの言葉を頭の中で考えると言われていますが、

その内の約90%はネガティブな思考だと考えられています。

 

八方美人な一面が出るほど、

自分の気持ちを抑え相手のことばかり考え始めます。

 

自分の気持ちを声に出さず、

頭の中で考え続けてしまうのです。

 

どんな気持ちも、まずは自分で声に出してみること。

この点を意識してください。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみと関わることが効果的です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

意識してぬいぐるみと関わることで、

自分の気持ちを声に出しやすくなります。

そして2つ目の対処法は、

言葉の語尾を変換することです。

 

「しなきゃいけない」

「するべきだ」

「した方がいい」

 

八方美人な時に出てくる言葉です。

 

もしこれらの言葉が出てきたら、

語尾を「したい」に変えてください。

 

「自分はどうしたいのか?」と問いかけてみてください。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

自分を主語にして問いかけることで、

自分が何を望んでいるのかに気づけます。

 

「しなきゃいけない」

「するべきだ」

「した方がいい」

 

これらの言葉は自分を主語にしておらず、

相手の顔色を伺っている状態です。

 

相手によく思われる様に考えたり、

悪く思われない様に自分を抑えやすくなるのです。

 

結果として自分の気持ちを抑えたり、

無理して相手に合わせてしまいます。

 

つまり八方美人を改善する問いかけが、

「どうしたいのか?」なのです。

 

言葉の語尾を変換することで、

八方美人で悩まされることがなくなります。

「八方美人の根本原因は何か?」など、

詳しい話は無料メール講座でも解説しています。

 

本日お伝えした内容を実践するうえで、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

関連記事

 

八方美人に悩まされるのを根本的に解決したい方は、

こちらの記事も併せてご覧ください。

 

「八方美人は疲れたからやめたい!」自信のなさが心理背景に

 

こちらの記事では八方美人に悩まされないための、

考え方・やり方を具体的にお伝えしています。

ぬいぐるみ心理学無料講座