menu

0~3個当てはまったあなたは…現時点では自己肯定感で悩みすぎなくて大丈夫

自己肯定感の低さで大きな課題に直面したりせず、
むしろ自己肯定感高く過ごせている瞬間も十分あります。

ですが人によっては細かい悩みが発生したり、
多少なりともストレスを抱いている可能性もあります。
見方を変えれば、「自己肯定感が低くなる予備軍」とも言えるのです。
 

今のうちに自己肯定感が低くなる原因を解消しておかないと、
次第に深刻化してしまう怖れもあるのです。

 

「私は1個しか当てはまらなかったから大丈夫!」ではなく、
今から1個に対して向き合っていくことが大切だと言えます。

原因・理由

0~3個当てはまった人は、
特定の場面や相手に対して自己肯定感が低くなっているケースがあります。
 

「仕事で上司と関わる時に…」
「同期と自分の仕事を比較してしまう時に…」
「恋人と上手くいかなくなった時に…」
「将来の目標を考えている時に…」
 
日常のあらゆる場面で悩みを抱えてはおらず、
特定の場面や相手に対する悩みを抱いている状況です。
 

ここで傷口を広げてしまう人は、
「まぁ特定の場面(相手)だし、我慢すれば良いか」とやり過ごしてしまいます。
 
「仕事中の話だし別にいいかな…」
「恋愛で苦しいけど他は大丈夫だからいいか!」
 
この様に考えて悩みの原因と向き合わないと、
知らないうちに他の場面でも悩みを抱く様になります。

 

私はよく、「悩みは形を変えて繰り返される」と解説しています。
 
例えば仕事中に自己肯定感が低くなると、
異動や転職をしても自己肯定感が低い状況は改善しません。
恋愛で言えば付き合う相手が変わっても、
自己肯定感が低くなる瞬間が生まれてしまうのです。
 
自己肯定感に悩まされる状況は、
相手や環境を変えて何度も繰り返してしまうので、
月日が経過しても同じ悩みを抱き続けてしまいます。
チェックの付いた項目についても、
実は形を変えて以前から繰り返されて来た可能性もあるのです。
 

自己肯定感が低い予備軍の今だからこそ、
早期に解決に向けて動き始めることが効果的です。

 
ほっとくと重症化してしまう傷口も、
浅いうちに治療すれば早く回復しますからね。

対処法

具体的な対処法として、ここでは2つ解説をします。

1つ目の対処法は、「自分の気持ちを声に出すこと」

私の著書『ストレスフリー人間関係』でも解説していますが、
私達は自分の気持ちを声に出すことで、
何を考えているのかを認識します。
そして悩みを抱いている事柄ほど、
声に出さず頭の中で考え込んでしまうのです。
 
チェックがついた項目に関しては、
頭の中で悩みを巡らせていることが多いと言えます。
私達人間は頭の中で考えれば考えるほど、
物事をネガティブに捉えると言われています。
1日の中で約6万もの言葉を頭の中で考えると言われていますが、
その内の約90%はネガティブな思考だと考えられています。
 

つまり頭の中で考え続けると、ますます自己肯定感が低くなってしまうのです。

 
まずは自分の気持ちを声に出すこと。
これを意識してください。
 
ただし、いきなり周囲に吐き出さないよう
注意が必要です。

「ちょっと聞いて欲しい…」
「つらい気持ちが耐えられなくて…」
「恋人が全然私のことを理解してくれない…」
周りからグチや不満をぶつけられて嫌な気持ちになったことは、1度はあると思います。
 
いきなり周囲に気持ちを吐き出すと、
確かに自分自身はスッキリするでしょう。
 
ですが周りは嫌な気分になってしまうので、
人間関係が悪化する怖れがあるのです。

独り言で構いません。
まずは、自分で自分の気持ちを声に出すことを意識してみて下さい。
 
 

2つ目の対処法は、「感謝の気持ちへ意識を向けること」

「感謝で自己肯定感が高まるのか?」
意外に思われたかもしれませんが、
感謝の言葉の語源を振り返ると、非常に効果的な対策なのです。

 
感謝の気持ちはひらがなで「ありがとう」と言います。

 
ありがとうとは「有難う」と書きますが、
「有ること」に意識を向けた言葉です。

食べ物がある
着る服がある
友達がいる
仕事がある
自分が存在する

 

感謝の気持ちに意識を向けるほど、
「有ること」に気づきやすくなります。

 

一方で自己肯定感に悩まされている時ほど、
「無いこと」に意識が向きやすくなります。

友達から遊びに誘われない
恋人からの連絡が来ない
仕事で評価されていない
周りに誰もいない
将来が安心できない

 

「無いこと」に意識が向くほど、
ネガティブ思考が増大してしまいます。

 

そもそも自己肯定感が低い時には、
無いことばかり考えてしまうのです。

自己肯定感が低くなった時ほど、
感謝の気持ちに意識を向けて「有ること」へ意識を向けましょう。

 

「有ること」に気づけるほどに、
自己肯定感を自分で高められる様になります。

 

「自己肯定感が低くなる根本原因は何か?」など、
詳しい話は無料メール講座でも解説しています。

本日お伝えした内容を実践するうえで、
合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

関連記事

もう一度診断を受けたい方、診断をやり直したい方はこちら。

今すぐチェック!あなたの「自己肯定感」を診断!12個の質問に答えるだけで判明!

また自己肯定感に悩まされるのを根本的に解決したい方は、
こちらの記事も併せてご覧ください

【衝撃】自己肯定感が高い人と低い人の6つの違い

こちらの記事では自己肯定感が高い人と低い人の違いを、具体的に解説しています。
その上で自己肯定感を高めるための、
考え方・やり方をお伝えしています。

ぬいぐるみ心理学無料講座