menu

ぬいぐるみ心理学

ぬいぐるみの旅行ツアーに申し込む理由〜ウナギトラベルについて〜

[記事公開日]2014/10/23
[最終更新日]2018/10/14

 

 

 

最近テレビや雑誌で注目されている会社に

「ウナギトラベル」があります。

 

何をしている会社かというと、

お客さんのぬいぐるみを預かって、

観光名所等を巡るツアーを企画しています。

 

その途中で、ぬいぐるみの写真を撮り、

お客さんに後日、ぬいぐるみと一緒に送ります。

 

旅行の最中にはFaceboookやTwitterで

様子が投稿されるなど臨場感も満載。

 

いわば、「ぬいぐるみツアー代理店」の様なものです。

※ウナギトラベルのホームページはこちら

 

 

「ぬいぐるみを旅行させる」

 

一連の報道を見て、

「すごく共感する!」と好意的な反応もある一方で、

まったく理解できない」という反応もあります。

 

実際、私の周りでもほぼ二分されました。

 

 

もちろん、ツアーに申し込むには参加料もかかります。

形としてはビジネスであって、ボランティアではありません。

 

申し込む人は子どもというよりは大人が多くなっていきます。

自分が旅行に行けないにも関わらず、ぬいぐるみのために申し込むわけです。

 

この記事では、

「なぜぬいぐるみの旅行ツアーに大人が申し込むのか」

その理由を考えていきます。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

ぬいぐるみは自分の分身」

ぬいぐるみ 話しかける なぜ 理由 画像

『おもちゃと遊具の心理学』という本では、

子どもはぬいぐるみに理想の世界を重ね合わせると言われています。

 

自分の思うがままに世界を作り、

まるで分身の様にぬいぐるみを扱います。

 

ぬいぐるみが子どもに反抗することはないので、

自然と思い入れも増してきます。

 

ウナギトラベルを紹介した記事の中で、

利用者インタビューに以下の様なコメントが寄せられていました。

 

 

「仕事で忙しくてなかなか旅行に行けない。

ならば、ぬいぐるみに旅行に行ってもらい、その写真を見たい。」

 

完全にぬいぐるみを自分の分身であるかの様に捉えていますよね。

 

 

また、先ほど伝えた様に、

人はぬいぐるみに理想の世界を重ね合わせます。

 

ということはつまり、持ち主自身も現実世界で、

「ぬいぐるみに重ね合わせた理想の世界が体現できたらいいのにな」

と思っています。

 

ですが、ぬいぐるみとは違い、

現実世界には自分の思い通りにならない多数の人がいます。

 

また、成長するに連れて周囲に合わせて自分を抑えたり、

良い子を演じることを覚えていきます。

 

「現実世界では理想の世界を表現しきれない」

このことに、無意識ながらも気づいているんです。

 

だからこそぬいぐるみが主人公として現実世界を旅行する、

というツアーに魅力を感じるのではないでしょうか。

 

 

PS

ぬいぐるみを旅行させるって、本当に面白い発想ですよね。

実際のところ、メディアから注目され、大人の利用者もいます。

 

まだまだ発展していきそうな予感がプンプンしますね。

 

私も、ぬいぐるみ心理学を発展させて、

いつかウナギトラベルさんと一緒に何かできたら・・・とひっそり思っています。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す