menu

ぬいぐるみ心理学


ぬいぐるみ心理学誕生物語 〜プロフィール紹介〜

 

こんにちは、伊庭和高です。

この度はぬいぐるみ心理学オフィシャルサイトへ

お越しいただきありがとうございます。

私はこれまで1500名以上のお客様に、

「ぬいぐるみ心理学」を提供して来ました。

 

男性も女性も、

そして10代から60代の方にかけて、

会社員の方や主婦の方、

あるいは会社を経営されている方など、

本当に様々な方に対して

ぬいぐるみ心理学を提供して来ました。

 

相談される悩みも人によって異なりますが、

すべての悩みの根本的な原因をたどると、

「自信のなさ」であることに気づきました。

周りを気にして自分の意見が言えないのも…

ついカッとなって言い過ぎてしまうのも…

職場で気を遣い過ぎてストレスを抱えるのも…

恋愛で相手の顔色ばかり伺ってしまうのも…

自分の感情がないと思い込んでしまうのも…

立てた目標が実現しないのも…

 

他にも様々な悩みはありますが、

すべての悩みの原因は自信のなさです。

 

この事実に気づいたからこそ、

どんなお客様と関わっても、

どんな悩みでも解決へと導ける様になりました。

ぬいぐるみ心理学を素直に実践すれば、

毎日の選択に自信が持てる様になります。

 

あるいは既に自信を持っている方の場合、

自信を確信に変え選択できる様になります。

 

そして何より、

あなたがどんな悩みを抱いていても、

ぬいぐるみ心理学で解決へと向かいます。

 

ぬいぐるみと意識して関わる

そしてぬいぐるみ心理学において、

実践のポイントになるのは

「ぬいぐるみとの関わり」です。

 

ぬいぐるみに気を使う人はいませんよね?

 

ぬいぐるみが好き嫌いに関わらず、

私達は無意識にぬいぐるみに対して、

素の自分をさらけ出してしまいます。

 

普段言えない言葉をつぶやいたり、

抑えていた感情があふれ出したり、

あるいは自分の想いをぶつけたり、

 

悩みを解決するために、

あるいは目標を実現するために、

ぬいぐるみは必要不可欠な存在です。

 

※ちなみに抱き枕も素材的には

ぬいぐるみと同じですので、

広くぬいぐるみに分類しています。

歴史を振り返ると、

ぬいぐるみは古代エジプトから存在した

と言われています。

 

その頃は宗教儀式や呪いをかけるために

ぬいぐるみが使われており、

ぬいぐるみを単なる物としてではなく

魂を持った存在として見立てていました。

 

こうした意識は現代にもつながっており、

私達はぬいぐるみを生きているかの様に

見立てて関わっているのです。

また臨床心理学の分野では、

赤ちゃんは1歳前後になると

物理的に母親の元を離れられる

と言われています。

 

そして母親の次に愛着を示すのが

ぬいぐるみであると言われています。

※ブランケットや毛布も含みます

赤ちゃんは母親に対して100%

素の自分をさらけ出します。

 

泣きたい時は泣き、

笑いたい時は笑います。

 

そして母親の次に愛着を示す

ぬいぐるみに対しては、

ほぼ100%素の自分をさらけ出します。

「大人もぬいぐるみに対して、

ほぼ100%素の自分をさらけ出すのでは?」

 

私はこうした疑問を抱き、

まずは100人にぬいぐるみの記憶を

インタビューで聞き取りました。

 

そしてインタビューをする中で、

疑問は確信へと変わり、

ぬいぐるみ心理学を開発しました。

ぬいぐるみが好き嫌いに関わらず、

私達は無意識にぬいぐるみに対して、

素の自分をさらけ出してしまいます。

 

そしてぬいぐるみと意識して関われば、

ぬいぐるみは私達に対して、

悩みの解決や目標の実現に向けての

メッセージを発してくれます。

 

もちろん実際にぬいぐるみは話しませんが、

ぬいぐるみがメッセージを投げかけている様に

感じる瞬間が訪れます。

 

私もお客様のエピソードを聞きながら、

ぬいぐるみがどんなメッセージを

お客様に投げかけているのかが

わかる様になりました。

「自分が本当はどうしたいのか?」

 

ぬいぐるみはあなた以上に

あなたのことを知っています。

あなたの心をそのまま映し出す鏡とも言えます。

 

私達はただ、ぬいぐるみと意識的に関わり、

ぬいぐるみが発するメッセージを受け取り、

それを素直に実行するだけで良いのです。

 

あなたがどんな悩み・問題を抱いていても、

ぬいぐるみ心理学を活用することで、

その悩み・問題は解決します。

 

ぬいぐるみ心理学を実践することで

お客様が起こした変化については、

「お客様の声」をご覧下さい。

本当に自分の人生を良くしたい。

周りの目を気にせず、自分に自信を持ちたい。

 

心からそう願うからこそ、

ぬいぐるみ心理学を活用して

成果を手にし続ける方が生まれ続けています。

 

※詳しい成果については、

無料メール講座1通目でお伝えします。

 

ぜひ、無料メール講座に登録いただき、

ぬいぐるみ心理学の本質を体感してください。

 

〜伊庭和高のプロフィール〜

 

千葉県千葉市出身。

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育額研究科修了。

在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。

 

2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。

大学時代に「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論に触れ「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考える。

 

その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。

まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。

 

「周りの目を気にして自分を抑えてしまう」

「良い子を演じて言いたいことが言えない」

という自分自身の悩みにぬいぐるみ心理学を実践し、3ヶ月でその効果を実感。

 

ぬいぐるみの好き嫌いや持っている・いないに関係なく、老若男女誰にでも実践できることを確信し、2014年10月からブログを始める。

今では350以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。

 

日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。

 

2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。

Amazonおよび全国書店にて販売中である。

 

ぬいぐるみ心理学を通して望む未来の実現を叶えたくて、日々活動している。

 

=====

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

なぜぬいぐるみ心理学を始めたのか?

 

「そもそもなぜぬいぐるみ心理学を開発したのですか?」

 

お客様からよく聞かれる質問ですが、実は私は幼い頃からぬいぐるみが好きでした。

物心がつく頃には、ベッドの周りに多くのぬいぐるみを並べていました。

 

小学校から中学校にかけてがピークで、約50体近くのぬいぐるみがベッドの周りにいました。

ぬいぐるみを置いた状態で寝たり、物語を作ってごっこ遊びをしていたのです。

 

大人になってもぬいぐるみ好きは変わらず続き、

学生になってからも10体近くのぬいぐるみはベッドの周りにいました。

とはいえ当時の私は、ぬいぐるみを持っているのが普通のことだと思っていました。

 

しかし年を重ねるにつれて、男友達からぬいぐるみの話を聞くこともなくなったので、

「男でぬいぐるみを持っているのは恥ずかしいのではないか?」と感じる様になりました。

 

実際、友達が家に遊びに来た時は、ベッドの周りのぬいぐるみを押し入れに隠していた程です。

 

そして学生の頃に今後の人生を考えた時に、

「自分が好きなことを仕事にしたい」と漠然と思う様になりました。

 

そうした中で自分の好きなことについて思いを巡らせていた時に出て来たのが「ぬいぐるみ」でした。

「ぬいぐるみを使った仕事ができれば、きっと自分自身も幸せに働けるだろうな」と考える様になったのです。

 

その一方で、「具体的にぬいぐるみをどう仕事にしていけば良いのか?」は全くわからない状態でした。

 

「男がぬいぐるみを持っているのは変だ!」というひと言

あの日のことは、今でも忘れられません。

 

学生の頃、当時仲が良かった友達と食事をしながら、

ぬいぐるみが好きなことや将来ぬいぐるみを使った仕事がしたい気持ちを打ち明けました。

 

するとお酒が入っていたこともあり、

「男がぬいぐるみを持っているのは変だよね!」と友達に笑われてしまいました。

 

もちろん友達に悪意はないですが、私は一瞬ショックを受けました。

 

しかし次の瞬間、「変だということは、他の人にはない才能があるかもしれない!」と発想が切り替わったのです。

こうして友達の言葉をキッカケに、ぬいぐるみを使った仕事を実現するために、

まずは身近な人100人にぬいぐるみとの記憶をインタビューし始めました。

 

最初は友達を中心に、その友達、そのまた友達へと対象を広げていったので、

私と完全に初対面の人と出会うことも多かったです。

 

具体的には、相手をカフェに呼び出し世間話をしながら、

「そういえばぬいぐるみ持ってる?」と切り出しながら、

過去から現在にかけてのエピソードを掘り下げていました。

 

正直相手からすれば意味がわからなかったとは思いますが、

1人1人に地道に話を聞きながらぬいぐるみについての生きた情報を集め続けました。

そしてインタビューを通じてわかったことが、1人の例外もなく、

誰もが過去に1度はぬいぐるみと関わっていたということでした。

同時に関わり方を調べる中で、いくつもの共通点や法則性が見えて来ました。

 

また私自身が人間関係の悩みを抱えていたこともありますが、

ぬいぐるみと関わる中で悩みが解決へと向かう感覚は今までの人生で何度も経験していました。

実際インタビューをした際にも、私と同じ感覚を持った方に何人も出くわしました。

「大好きなぬいぐるみと悩んで来た人間関係の解決方法を組み合わせ、多くの人に伝えていきたい」

 

こうした想いから、ぬいぐるみ心理学が誕生しました。

 

※ぬいぐるみ心理学について、詳しくは無料メール講座で解説しています。

ぬいぐるみ心理学無料講座

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語
「ストレスフリー人間関係」伊庭和高著 Amazon・全国書店にて販売

ご依頼・お問合せ