menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

切なさの正体は依存心!切なさを感じる心理と克服法

[記事公開日]2020/12/21
[最終更新日]2020/12/20

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回は切なさについて取り上げます。

 

恋愛や夫婦関係でよく出て来る感情ですが、

友達関係や職場の人間関係など、

様々な場面で切なさを感じることはあります。

 

「なぜ切なさを感じるのか?」

「どうすれば切なさを手放せるのか?」

 

ぬいぐるみ心理学の視点から、

さっそく解説していきたいと思います。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

切なさとは何か?

「切なさとはどんな意味なのか?」

まずは切なさの辞書的な意味を紹介します。

 

「胸が締め付けられるような悲しさやつらさのこと」

 

これが切なさの意味です。

 

悲しみやつらい気持ちと関連のある言葉だと言えます。

 

また私のお客様の中でも多いのが、

切なさと寂しさを同時に感じるという声。

 

その意味では切なさと寂しさも関連のある言葉だと言えます。

 

切ない気持ちを感じる心理背景

切ない気持ちとは、主に恋愛で感じることが多いです。

 

ですが恋愛に限らず、

友達関係や職場の人間関係でも切なさは感じます。

 

あるいは家にいる時に、

ふと切なくなる時もあります。

 

一体どんな時に切なさを感じるのか?

特徴を解説します。

 

相手からの連絡を待っている時

なかなか相手から連絡が来ない時に、

切なさを募らせる様になります。

 

「忙しいのかな…」

「後回しにされたのかな…」

「嫌われたのかな…」

「傷つけちゃったかな…」

「悪いことをしたのかな…」

 

相手の気持ちを考えるほど正解がわからず、

ますます切ない気持ちが湧き上がります。

 

急に予定がキャンセルになった時

遊ぶ予定が急になくなった時に

切なさを感じることもあります。

 

相手から連絡が来ない時と同じ理由ですが、

実際の予定がキャンセルになったので、

より強い切なさを感じることがあります。

 

何日も引きずってしまうこともあれば、

切なさを埋めるために他の予定を入れたり、

衝動買いをしてしまうこともあります。

 

後悔している時

何か後悔することがあった時も、

切なさを感じることはあります。

 

「あの時こうしておけばよかった…」

 

過去の出来事に未練が生まれるほど、

切ない気持ちは増幅します。

 

過去を思い出して胸が締め付けられる様に感じるのも、

後悔の気持ちがあるからです。

 

自分の人生を生きていない時

自分の人生を生きていない時に、

ふと切なさがやって来ることがあります。

 

「何のために働いているんだろう…」

「これからの人生何がしたいんだろう…」

 

漠然とした切なさが襲って来ることは、

誰しも1度は経験があるかもしれません。

 

レールの上を歩いている様に感じたり、

自分の気持ちを押し殺して生きていれば、

自分の人生を生きていない感覚が強まってしまいます。

 

切なさの正体は依存心

切なさを感じることは悪いことではありません。

 

私たち人間には1000以上の感情が存在し、

切なさもその中の1つです。

 

ですが切なさを定期的に感じるならば問題です。

 

切なさを感じ続けることで、

日常生活にネガティブな影響を与えています。

切ない気持ちが募るならば、その正体は依存心。

 

切なさの正体は依存心だと言えます。

 

「胸が締め付けられるような悲しさやつらさのこと」

 

これが切なさの意味ですが、

胸が締め付けられる対象に自分の意識が持っていかれている状態です。

 

特定の対象のことを考え続けているので、

依存的な状態だと言えます。

 

恋人からの連絡が来ずに切なさを感じていれば、

恋人に依存的な状態になっているわけです。

 

仕事のミスを引きずり後悔と切なさを感じていれば、

仕事のミスに依存的な状態になっているわけです。

 

相手の反応を気にしている

そして相手の反応を気にしていると、

切なさを感じやすくなってしまいます。

 

相手の言動に一喜一憂している状態であり、

自分よりも相手のことを先に考えてしまっています。

 

どれだけ相手のことを考えても、

相手の気持ちは相手にしかわかりません。

 

相手の反応を気にし続けているのは、

正解のわからない問題を解いている様なものです。

 

切なさを感じて悩んでいる人の多くは、

周りにどう思われるのかを気にしていると言えます。

 

悩みの原因は自信のなさ

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

切なさを募らせ悩んでいるならば、

その原因も自信のなさです。

 

もし自分に自信が持てていれば、

切なさに苦しむことはなくなります。

 

相手の反応で不安を感じることもなければ、

過去の後悔を引きずることもありません。

 

自分の気持ちを大切に行動できるので、

依存心も手放せる様になっていきます。

 

切ない気持ちも声に出す

そして切なさを手放す上で大切なのは、

自分の気持ちを声に出すこと。

 

切ない気持ちも、まずは自分で声に出してください。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まると言われています。

 

切なさに悩まされている時ほど、

声に出さず頭の中で考え続けているのです。

 

どんな気持ちでも構いませんし、

まとまっていなくても大丈夫です。

 

まずは切ない気持ちを自分で声に出すことで、

切なさを手放していける様になります。

自信のなさと向き合いながら、

自分の気持ちを声に出すことで、

切なさに悩まされる状況を抜け出せます。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうやって自信が持てる様になるのか?」

 

詳しい話は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事