menu

ぬいぐるみ心理学

【物事を先延ばしにしてしまう心理学】原因と解決策を解説!

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

今日はついついやってしまう、

「先延ばしにすること」の心理背景を、

ぬいぐるみ心理学の視点からお伝えします。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座
先延ばしにしてしまう…

 

 

仕事でも、家事でも、

あるいはプライベートの事柄でも、

物事をつい先延ばしにしてしまった経験はありませんか?

 

もちろん先延ばしにしたくてしているなら良いのですが、

「本当はやめたいのにクセになってしまっている」ならば、

先延ばしにしている理由を探ることが大切です。

 

「何だかんだ先延ばしにして、結局同じ悩みが繰り返されてるな…」

 

これが自分にとって一番最悪の事態ですよね。

 

 

物事を先延ばしにしてしまう心理背景。

なぜ先延ばしにするのかを考える上で大切なのは、

「先延ばしにすることで、一時的なメリットを得ている」ということです。

 

一時的にでも自分にメリットがなければ、

先延ばしにし続けることはありません。

 

・面倒な課題に一時的に向き合わなくて良い

・周りから変な目で見られなくてすむ

・失敗する恐怖から目をそらすことができる

 

など、あくまで「一時的な」メリットではありますが、

何かしらのメリットを感じていることで、

物事を先延ばしにしているのです。

 

 

「自分にとって一時的なメリットは何か?」

ぜひ問いかけてみてください。

 

 

ちなみにぬいぐるみ心理学では、

すべての悩みの根本には「自信のなさ」があるとお伝えしています。

 

先延ばしにしてしまう心理背景をたどると、

結局のところは自信のなさに行き着きます。

 

自信がない自分を見ない様にするために、

結果として先延ばしにしてしまうのですね。

※自信のなさについては無料講座でも詳しく解説しています。

 

先延ばしにしない自分に変わるために

 

 

ここまで先延ばしにしてしまう心理背景をお伝えしました。

 

そして大事なのは「これから」

物事を先延ばしにする自分をこれからも続けたいのか。

それとも変わりたいのか。

 

もし変わりたいのならば、

まず最初にやっていただきたいのが「声に出すこと」

 

 

「今、先延ばしにしているな」

「一時的なメリットは何だろう?」

「これも自信のなさかな?」

 

こうした気持ちをまずは声に出してください。

 

私達の脳は実際に声に出すことで、

物事を事実として認識します。

 

裏を返せば、声に出さず頭の中で思っているだけだと、

物事を事実として認識しないのです。

 

頭の中でモヤモヤした感情を抱き、

「先延ばしにしてしまったな〜」と後で振り返る。

これが続けば永遠に変わることはありません。

 

まずは自分の現状について、

声に出しながら気づいていきましょう。

 

その上で「本当は自分はどうしたいのか?」と、

自分の本心を問いかけてみてくださいね。

 

 

・ノートにその日の予定を書く

・ふせんを至る所に貼る

 

など、具体的な行動をいくら思いついても、

一時的なメリットを感じ続けている限り、

根本から解決することはありません。

 

 

声に出しながら「どうしたいのか」と問いかける。

その先に、必要であればノートやふせん等の

具体的行動をしたければすれば良いです。

 

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す