menu

ぬいぐるみ心理学


人の目を気にしてしまうのを克服する唯一の方法

[記事公開日]2015/09/02
[最終更新日]2018/10/14

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

私はぬいぐるみ心理学を無料講座や

個人面談を通してお伝えしています。

 

その中で、ぬいぐるみ興味を持った理由を聞くと、

「周りの目を気にしてしまう」という声が非常に多いのです。

 

言いたいことを言ったり、

したいことをしたり、

聞きたいことを聞いたり、

 

 

何かする時にまず周りからどう見られるかを考えてしまい、

自分の感情を抑えてしまう。

 

何度もこれを繰り返す中で、

自分のことが自分でわからなくなってしまう。

 

こうした負のスパイラルにハマってしまうのです。

 

年齢や性別を問わずこうしたケースはよくありますし、

どこかで「ありのままの自分をさらけ出す」ことに舵を切らない限り、

永遠に繰り返してしまいます。

 

私はぬいぐるみ心理学を伝えていく中で、

こうした状況を解決する方法がたった1つしかないことに気づきました。

 

その方法を、この記事では解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

周りの目はいったん脇に置いて…

ポイント 画像

まずは120%ありのままの自分をさらけ出すことです。

 

 

言いたいことを言い、

したいことをして、

聞きたいことを聞き、

 

 

ワガママになってください。

 

 

「いや、周りからどう思われるのかが気になる…」

 

 

こんなツッコミが入りそうですが、

周りからどう思われているか考えている人は、

順番を思いっきり間違えています。

 

 

 

私達は幼少期、周りの目を気にすることなく、

まず自分の思うがママに振る舞っていました。

 

 

極端な話ですが、赤ちゃんの頃に

「今はお母さんの機嫌が悪いから、泣くのをやめよう」

なんて考えているはずがありません(笑)

 

 

周りからどう思われようとも自分の思いを主張する。

 

 

スーパーのお菓子売り場でお菓子を買ってもらいたくて

いつまでも地面に座って泣いている子供なんて、その典型です。

 

 

ただ、大人になるにつれて周りの目を気にし始め、

自分の感情を抑えていくようになります。

 

こうした自分を抑えることが習慣になってしまうと、

ありのままの自分が何なのか忘れてしまうのです。

 

 

ありのままの自分をさらけ出した上で、

周りを見ながら適度に調節していく。

 

これが本来の順番なのです。

 

周りの目を気にして合わせることばかり考えている人は、

この順番を思いっきり無視しています。

 

そのため、周りの目を気にするのはいったん脇に置いて、

まずは思うがママに振る舞うことです。

 

 

 

これを少しずつ実践すれば、

周りの目を気にする悩みは解決に向かいます。

 

※というより、解決に向かっている人を何人も見てきました。

ワガママになれない人の始めの一歩

40代 恋愛 デート 画像

とはいえ、いきなり120%の自分を出せと言われても、

周りに遠慮してしまい出せない人もいるでしょう。

 

その場合は、まずは相手がいない場面で自分をさらけ出して下さい。

 

 

食べたい物を食べる

寝たい時に寝る

買いたい物を買う

 

 

相手がいない場面から感じるままに振る舞うことで、

120%の自分をさらけ出す練習ができます。

 

私もこの練習を何度も繰り返す中で、

自然と人間関係においても自分をさらけ出せるようになりました。

一歩ずつ進んでいけば、着実に自分をさらけ出せる様になっていきます。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

ご依頼・お問合せ