menu

ぬいぐるみ心理学


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

素の自分が出せない原因は自信のなさ【解決策を知って自分らしく生きる

[記事公開日]2020/12/07
[最終更新日]2020/12/27

こんにちは、伊庭和高です。

本日のテーマは「素の自分」です。

 

素の自分が出せないという相談は、

私のもとに数多く寄せられています。

 

素の自分が出せる相手と付き合う方法について、

別の記事でも取り上げたほどです。

 

仕事や恋愛、友達関係や親との関係など、

人間関係が発生する様々な場面で、

素の自分を出せないと悩むことはあります。

私も振り返れば子供の頃から、

人前で素の自分が出せずに悩んできました。

 

私自身がぬいぐるみ心理学を開発したことで、

今では人前でも素の自分を出して振る舞える様になりました。

 

そこで今回は素の自分が出せない原因と解決法について、

ぬいぐるみ心理学の視点からお伝えします。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座
 

素の自分が出せない原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさであると解説しています。

 

仕事でも恋愛でも…

目標実現でも人間関係でも…

ありとあらゆる悩みの根本原因は自分に自信が持てないことなのです。

 

素の自分が出せないと悩む原因も、

自信のなさが背景にあります。

 

自分に自信が持てていれば、

素の自分を出せる様になるはずです。

 

嫌われるのを恐れている

では具体的に、どんな自信のなさがあるのか?

 

素の自分が出せないと悩んでいる人の多くが、

嫌われることを恐れています。

 

自分の言動を通して相手に嫌われるのを恐れているので、

素の自分を出さず当たり障りない言動をとってしまうのです。

 

嫌われることへの恐れが、

素の自分を出せない現状につながっているのです。

 

相手の反応を気にしている

素の自分を出せない人は相手の反応を気にしています。

 

相手にどう思われるのかを気にすると、

自分を出すのではなく押し込めてしまう様になります。

 

自分の気持ちよりも相手の反応ありきで考えてしまえば、

素の自分を出すことにブレーキをかけてしまいますよね。

 

親、先生、友達、恋人、上司…

過去の私も相手にどう思われるのかを気にし続けた結果、

素の自分を押さえ込む様になってしまいました。

 

素の自分が分からない…

もちろん素の自分を出さなくても生きてはいけます。

 

ですが素の自分を出さずに過ごしていると、

どこか息苦しさを感じます。

 

相手のことを先に考える様になるので窮屈ですし、

自分が何をしたいのかがわからなくなってしまうのです。

 

自分の人生の主人公は、他でもない自分自身。

それにもかかわらず、

自分が何をしたいのかがわからない状態が続くのです。

 

素の自分がわからなくなった結末は、

自分にとって幸せなものとは言えないのです。

何より素の自分が出せないまま過ごすほど、

素の自分が何なのか自分でもわからなくなってしまいます。

 

嫌われるのを恐れ続けたり、

相手の反応を気にし続けることで、

自分で自分の気持ちがわからくなるのです。

 

素の自分を出す方法はこの3つ!

たとえ現時点で素の自分がわからくても、

これからお伝えする3つの方法を実践すれば、

素の自分がわかる様になります。

 

周りにどう思われるのかを気にせず、

自分らしく振る舞える様になります。

 

自分の気持ちを声に出す

1つ目が「自分で自分の気持ちを声に出すこと」です。

 

私達は頭の中で考えるほど、

物事をネガティブに考えてしまうと言われています。

 

嫌われるのを恐れたり、

周りの目を気にしている時ほど、

頭の中でネガティブな気持ちを考え続けてしまいます。

 

まずは自分で自分の気持ちを声に出すこと。

これが特に重要です。

なお無料メール講座で解説していますが、

自分の気持ちを声に出す対象としてぬいぐるみも効果的です。

 

好き嫌いは一切関係なく、

ぬいぐるみと意識して関わることで

素の自分を早く出せる様になります。

 

自信のなさと向き合う

2つ目に取り組むのは、

自信のなさに向き合うことです。

 

「なぜ素の自分が出せないのか?」

「いつから素の自分が出せないのか?」

「素の自分を出すことの何が不安なのか?」

 

5W1Hを使って自分の気持ちを掘り下げます。

ここでのポイントは「掘り下げること」

 

「素の自分が出せない」で止まらずに、

その先を5W1Hを使って掘り下げるのです。

 

素の自分が出せないと言っても、

人によって背景は様々です。

 

声に出しながら自分の気持ちを掘り下げることで、

背景が明確になり素の自分が出しやすくなります。

 

「どうしたいのか?」と問いかける

そして3つ目の方法は、

「どうしたいのか?」と自分自身に問いかけることです。

 

「どうしたいのか?」の主語は、他でもない自分自身。

 

素の自分を出せている時は、

誰もが自分を主語に行動できています。

 

素の自分が出せない時ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

自分よりも先に周りのことを考えてしまうのです。

 

「どうしたいのか?」と問いかけることは、

素の自分を出して生きる上でも必要不可欠だと言えます。

 

素の自分で生きる

素の自分が出せない原因は自信のなさ。

 

自信が持てる様になるほど、

自分らしく行動できる様になります。

 

先ほどの3つの解決策を実践することで、

素の自分で生きることができる様になります。

 

心が軽い状態で過ごせますし、

ストレスをため込むこともなくなります。

自信のなさとは具体的に何なのか?

自信とはそもそも何なのか?

 

根本原因である自信のなさについて、

詳細は無料メール講座でも解説していますので、

合わせて学んでみて下さい。

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

関連記事