menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

媚を売る心理をぬいぐるみ心理学で解説!

[記事公開日]2017/05/11
[最終更新日]2020/11/09

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

今日は職場でも友達関係でも見られる、

「媚を売る」心理について取り上げます。

 

媚を売る人

 

 

 

あなたも過去に一度は、

媚を売る人を見たことはありませんか?

 

自分よりも立場の上な人に対して、

あるいは誰彼構わず、

媚を売りながら生きている人を見て、どんな心境がしたでしょうか?

 

 

あるいは媚を売っているのだけれども、

本当は媚を売る自分から卒業したい。

 

でもいざとなったら勇気が出ずに、

媚を売る自分から卒業できないままになってしまう。

こうした悩みを抱える人もいるでしょう。

 

私はこれまで1200名以上のお客様に対して、ぬいぐるみ心理学を提供して来ました。

 

その中から今回は、

媚を売る人の心理背景について取り上げます。

 

媚を売ってしまう人の心理背景がわかるのはもちろん、

「まさに自分が媚を売ってしまっている」と悩まれている場合は、

解決策のヒントになればと考えています。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

媚を売る2つの心理背景

 

 

 

まず1つ目の背景は、

「周りの目を気にしているから」です。

 

 

「媚を売らない、ありのままの自分で関わると、

否定されてしまうのではないか・・・」

 

この様に、周りからどんな言葉をかけられるか不安で、

つい良い子を演じてしまうのです。

 

確かに媚を売っていれば、

嫌われることはないのかもしれません。

 

ですが相手には自分の本音が伝わらず、

何より媚を売る本人が一番疲れてしまいます。

 

 

そして2つ目の理由は、

「媚を売った方が良い」という思い込みです。

 

 

「会社で働く上では、媚を売った方が良い」

「会社で働く上では、媚は売るものだ」

 

こうした思い込みが頭の中にあるからこそ、

無意識の内に媚を売ってしまうのです。

 

 

基本的にはこの2つの理由があって、

媚を売ってしまうのです。

 

 

もちろん、「媚を売りたい!」と心の底から思う人もいるでしょうが、

それはごくごく少数派です。

 

 

媚を売る自分から卒業する方法

 

 

 

媚を売る自分から卒業する方法。

その第一歩は、「感じた気持ちを声に出すこと」です。

 

自分が何を感じているのかに気づけないと、

無意識の内に媚を売ってしまいます。

 

「こうした方が良いからな…」と頭の中で考え、

気づけば媚を売ってしまうのです。

 

 

ぬいぐるみ心理学1day講座では、

声に出すことをその場で体感しながら、

媚を売る自分から卒業する方法をお伝えしています。

 

まずは声に出すこと。

実践する中で、その効果は体感いただけます。

 

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事