menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

怒られるのが怖いのは甘えではない!自信のなさが原因です

[最終更新日]2022/06/07

こんにちは、伊庭和高です。

 

「怒られるのが怖い」という相談は、

私の元にもよく寄せられます。

 

仕事でもプライベートでも、

怒られるのを怖がるのは疲れます。

 

常に気を張って過ごす様なものですし、

実際に怒られてしまうと余計にショックです。

 

過去の私も怒られるのを怖がっていたので、

気持ちはよくわかります。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

怒られるのが怖いことについて詳しく解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

怒られるのが怖いのは甘えではない

「怒られるのを怖がっているのは甘えではないか?」

 

大人になっても怒られるのを怖がることに、

この様な気持ちを抱く人もいます。

 

ですが結論からお伝えすると、

怒られるのを怖がるのは甘えではありません。

 

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

怒られるのを怖がってしまうのは、

甘えではなく自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば必要以上に怒られるのを怖がりません。

 

たとえ怒られたとしても、

必要以上に動揺せず対応できます。

 

一方で自分に自信が持てないことで、

怒られないかビクビクしてしまうのです。

 

また私は、自分の自信のなさの度合いを診断する心理テストを開発しました。

 

12個の質問(二択)に答えるだけで、

自信のなさをどれだけ感じているかが判明します。

こちらも合わせてやってみてください。

 

相手の顔色を伺っている

そして怒られるのを怖がる人は、

相手の顔色を伺っています。

 

もし目の前に相手がいなければ、

怒られるのを怖がりません。

 

「どんな風に思っているのか?」

「もし怒られたらどうなるのか?」

 

こうした気持ちがあるからこそ、

怒られるのを怖がり萎縮してしまいます。

 

無理して相手に合わせたり、

自分の気持ちを我慢してしまうのです。

 

幼少期にキッカケがある

そして私たちの自信のなさは、

幼少期に原因があります。

 

生まれた時から自信のない人はいません。

 

泣きたい時に泣き、

笑いたい時に笑い、

欲しい物は欲しいと主張していました。

 

それが大人になるにつれて、

周りを気にして自信が持てなくなります。

 

怒られるのを怖がるのも、

幼少期の経験が影響しているのです。

 

また私たちにとって親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親との関わりの中で自信のなさが生まれるのです。

 

「親の顔色を伺っていた」

「親の言う通りに生きてきた」

「親も怒られるのを怖がっていた」

 

たとえばこうしたケースだと、

子供にも影響を与えてしまうのです。

 

怒られるのを怖がっても怒られることはある

とはいえ怒られるのを怖がっていても、

怒られることはあります。

 

相手が何を思っているのかは、

相手にしかわかりません。

 

怒られない様にと思って接しても、

怒られてしまうことはあるのです。

 

また昨日と同じ言動を取ったのに、

なぜか怒られてしまうこともあります。

 

怒られるのを怖がり続けるのは、

永遠に正解がわからない問題を解いている様なものです。

 

自信のなさと向き合いながら、

怒られるのを怖がらない自分に変わることが大切です。

 

怒られるのを怖がらない自分に変わる方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

怒られるのを怖がらない自分に変わる方法を解説します。

 

2つの方法を順番に実践することで、

着実に変化を実感できる様になります。

 

自分の気持ちを声に出す

最初の方法が「自分の気持ちを声に出すこと」

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が増大する習性があります。

 

周りの目が気になったり、

怒られるのを怖がるのも、

声に出さず頭の中で考えている時です。

 

どんな気持ちでも良いので、

まずは自分の気持ちを声に出すことが、

現状を好転させる第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

意識してぬいぐるみに触れることで、

自分の気持ちを受け止められる様になります。

 

「どうしたいのか?」と問いかける

そして声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけること。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

怒られるのを怖がる時ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

「した方がいい」

「しなきゃいけない」

「するべきだ」

「してあげる」

「して欲しい」

 

この様に周りのことを先に考え、

「どうしたいのか?」と問いかけるのを忘れています。

 

自分を主語にして問いかけなければ、

周りの顔色を伺い続けます。

 

自分を主語にして問いかけるからこそ、

怒られるのを怖がらず振る舞える様になります。

怒られるのを怖がり続けても、

幸せな未来は待っていません。

 

周りの目を気にし続け、

生きづらさを感じてしまいます。

 

怒られるのを怖がる原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合いながら、

2つの方法を実践することで、

現状を変えていきましょう。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事