menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

褒められたいから頑張るのに疲れたあなたへ。解決法を紹介

[最終更新日]2022/06/21

こんにちは、伊庭和高です。

 

「褒められたいから頑張ることに疲れた」

こうした相談はよく私の元に寄せられます。

 

仕事でもプライベートでも、

褒められるために行動するほど、

同時に疲れも感じやすくなります。

 

気づけば心が限界を迎えてしまうのです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

現状を好転させる方法をお伝えします。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

褒められたいから頑張るのが疲れる理由

 

仕事でもプライベートでも、

誰かに褒められれば嬉しいです。

 

ですが褒められたいから頑張ると、

疲れを感じて苦しくなってしまいます。

 

「褒められたい」と思い続けると、

自分で自分を苦しめてしまうのです。

 

相手の評価を気にし続ける

褒められたいから頑張るほど、

相手の評価を気にしてしまいます。

 

「喜んでもらえるか?」

「仕事ぶりを評価されるか?」

「認めてもらえるか?」

 

常に相手にどう思われるかを気にして、

気を張ってしまうのです。

 

「気疲れ」という言葉がある様に、

気を張り続けて疲れてしまうのです。

 

褒められるとは限らない

それに相手の評価を気にしても、

褒められるとは限りません。

 

相手が何を考えているのかは、

相手にしかわからないのです。

 

褒められると思ってやった行動が、

全く褒められないことも普通にあります。

 

昨日と同じ行動を取ったのに、

なぜか今日は叱られてしまうこともあります。

 

相手の評価を気にするのは、

答えのわからない問題を解いている様なもの。

 

永遠に正解がわからないので、

頑張っても報われないのです。

 

実は他者承認が強い

心理学では承認欲求という言葉があります。

 

褒められたいという気持ちも、

私たち人間の承認欲求だと言えます。

 

そして意外と知られていないのですが、

承認欲求とひと言でまとめても、

実は承認欲求は2つに分けられます。

 

「自己承認」と「他者承認」

この2つに分類することができます。

 

「自分で自分を認められていること」

これが自己承認です。

 

「周りから認められていると感じること」

これが他者承認です。

 

褒められたいから頑張る人は、

自己承認ではなく他者承認を求めてしまうのです。

 

さらに踏み込んで伝えるならば、

自己承認ができていないので、

他者承認を求めてしまっているのです。

 

他者承認を求め続ける人生

先ほどもお伝えした様に、

実際に褒められるかは相手次第。

 

自分ではどうすることもできないのです。

 

他者承認を求め続けるのは、

相手に自分をゆだねている様な状態。

 

心が不安定な状態とも言えます。

 

大事なのは自己承認。

 

自分で自分を褒められる様になれば、

褒められたいから頑張ることもなくなります。

 

また私は、承認欲求の強さを診断する心理テストを開発しました。

 

12個の質問(二択)に答えるだけで、

承認欲求をどれだけ感じているかが判明します。

こちらも是非やってみてください。

 

褒められたいと思い続ける根本原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだとお伝えしています。

 

褒められたいから頑張るのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば他者承認ばかり求めません。

 

自分で自分を認めながら、

自己承認ができているのです。

 

一方で自分に自信が持てていない時ほど、

周りから褒められることで自信を持とうとします。

 

周りの評価で自分を保とうとするので、

非常に不安定な状態になります。

 

褒められたいから頑張るのを抜け出す方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

現状を変える方法をお伝えします。

 

2つの方法を繰り返し実践することで、

褒められたくて頑張ることがなくなります。

 

自分の気持ちを声に出す

まず最初の方法が、

「自分で自分の気持ちを声に出すこと」

 

褒められたくて頑張る時ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず頭の中で考え込んでしまうのです。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

自分で自分を認められなくなったり、

相手からの評価を気にしてしまうのも、

声に出さず頭の中で考えている時です。

 

どんな気持ちも、まずは声に出して受け止めること。

これが現状を変える第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座で解説していますが、

意識してぬいぐるみを活用することは、

自分の気持ちを受け止める上でも役立ちます。

 

自分を主語にして問いかける

自分の気持ちを声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけます。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

褒められたい気持ちが生まれる時は、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

周りから褒められようとするので、

自分を主語にできていないのです。

 

「自分がどうしたいのか?」ではなく、

「周りに褒めて欲しい」という気持ちが生まれています。

 

「どうしたいのか?」を問いかけることは、

褒められたい気持ちに流されない上で不可欠です。

褒められたいから頑張り続けても、

いつまでも満たされない毎日を送ってしまいます。

 

周りの言動に一喜一憂し続け、

悩みやモヤモヤした気持ちが生まれやすくなります。

 

他者承認に振り回されても、

幸せな未来が訪れないのは確かです。

 

自信のなさと向き合いながら、

2つの方法に取り組むことで、

褒められたくて頑張ることがなくなります。

 

自分で自分を満たしながら、

本当に望む毎日を生きれる様になります。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事