menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

自己顕示欲と承認欲求の違いを解説!あなたはどっち?

[最終更新日]2022/03/23

こんにちは、伊庭和高です。

 

「自己顕示欲と承認欲求の違いがわからない」

 

「自分は自己顕示欲と承認欲求のどちらなのか?」

 

こうした声を聞くこともあります。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

自己顕示欲と承認欲求の違いを具体的に解説します。

 

自己顕示欲と承認欲求の違い

「周りの人から認められたいという欲求のこと」

 

これが自己顕示欲の辞書的な意味です。

 

「周りから認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」

 

これが承認欲求の辞書的な意味です。

 

どちらも本質的には同じ意味ですが、

自己顕示欲とは「はっきり認めて欲しい」という意味合いがあります。

 

つまりより強く周囲に認めて欲しい気持ちがあるのです。

 

承認欲求がより強まったのが自己顕示欲と言えます。

 

どちらもつらい

ですが自己顕示欲も承認欲求も、

周りから認められたいと思う点では同じです。

 

周りから認められれば、

一時的には自分の心は満たされます。

 

ですがすぐに満たされない気持ちが襲ってきます。

 

自分で自分を認められていないので、

周りからの承認は非常に不安定なものです。

 

本当の意味で心は満たされず、

誰かに満たしてもらおうと思い続けてしまうのです。

 

たとえるなら栄養ドリンク。

 

飲んだ瞬間は元気になりますが、

効き目が切れると元気がなくなってしまいます。

 

次第に栄養ドリンクなしでは元気になれず、

苦しい日々を過ごしてしまいます。

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

自己顕示欲や承認欲求に悩まされるのも、

自信のなさが根本原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば必要以上に周りから認められたいと思いません。

 

自分で自分を認められているので、

周りからの承認がなくても良いのです。

 

ですが自分に自信が持てていないと、

周りから認めてもらうことで自分を満たそうとするのです。

 

また私は、承認欲求の強さを診断する心理テストを開発しました。

 

12個の質問(二択)に答えるだけで、

承認欲求をどれだけ感じているかが判明します。

こちらも是非やってみてください。

 

承認欲求には2種類ある

自己顕示欲と承認欲求。

どちらを追い求めてもつらいだけです。

 

ですが実は承認欲求には、

他者承認と自己承認の2種類があります。

 

周りから認められたい気持ちは他者承認。

 

他者承認を求めるほど苦しくなります。

 

その一方で自己承認とは、

自分で自分を認められている状態のこと。

 

自己承認できていれば、

そもそも周りからの承認は求めません。

 

自己承認できている状態こそ、

幸せな毎日を送るヒケツだと言えます。

 

自分で自分を認められる様になる

私のもとには様々な相談が寄せられますが、

周りに認めてもらおうと思うほど悩みは消えません。

 

自分で自分を認められる様になれば、

あらゆる悩みは解決へと向かいます。

 

自己承認できる様になることこそ、

本当に望む毎日を生きる上で不可欠なのです。

 

周りに認めてもらおうと思う原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合うことで、

自分で自分を認められる様になります。

 

自己承認できる様になる方法は、

別の記事で詳しく解説していますので、

合わせて読んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事