menu

ぬいぐるみ心理学

ミラーリングの心理学【仕事に恋愛に使えるけど実は逆効果!?】

[記事公開日]2016/07/06
[最終更新日]2018/06/18

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今日はミラーリングについて取り上げます。

 

 

ミラーリングは最近注目されている心理学の法則の1つ。

「相手と同じ振る舞いをとれば、相手が好意を抱きやすい」というものです。

 

たとえば相手が飲み物を飲むタイミングで、自分も一緒に飲み物を飲む。

スマホを取り出したら、自分もスマホを取り出す。

これがミラーリングの一例です。

 

仕事であれば営業や職場内の人間関係で、

恋愛でも相手と親密になる方法として、

どんな場面でも応用することは可能です。

 

 

そしてミラーリングの素敵な所は、

「意識さえすれば比較的簡単に実践可能である」ことです。

 

「相手と同じ言動をとる」

これさえ意識していれば、実践するのはそこまで難しくないです。

 

ただしミラーリングについては、

使い方を間違えると逆効果。

 

相手もあなた自身もストレスを抱える原因になります。

ミラーリングの心理学

長年 彼氏 別れ 理由 画像

 

私はぬいぐるみ心理学を提供する中で、

自分らしい人間関係を築く方法を伝えています。

 

相手に気を遣わず自分をさらけ出す。

素の自分に惹かれる人が結果として集まって来る。

そのための本質をお伝えしています。

 

ぬいぐるみの好き嫌いに関係なく、

ぬいぐるみと関わったことがない人はいないので、

誰でもでも応用可能な法則をお伝えしています。

 

 

では、ミラーリングはどうなのか?

「相手と同じ振る舞いをとる」という時点で、

自分らしさとは正反対の場所にありますよね?

 

相手に合わせて自分を作っているわけです。

良く見える自分を演じているとも言えますね。

 

これって非常に危険です。

勧誘 断る 画像

 

相手は「演じている自分」に好意を抱きます。

 

仕事上で付き合って行くにしても、

恋愛で付き合って行くにしても、

その人の前ではひたすら自分を演じ続けなければいけません。

 

「仲良くなったんだから」

「付き合ったんだから」

 

こうした理由で演じるのをやめて、

本音を急にさらけ出すと、相手はビックリします。

 

 

「私が好きになったのは演じているあなたであって、

 本音をさらけ出すあなたではない」

 

こう思われても文句は言えないんですよね。

 

ミラーリングを実践することで、

始めから良い自分を演じることにもつながります。

 

スタート地点からズレていると言えます。

 

ミラーリングを適度に使う

よりよい余暇の過ごし方 画像

 

だからといって私は一概に、

ミラーリングを否定するつもりはありません。

 

相手と同じ振る舞いをとれば、

好意を抱きやすいことは心理学的に証明されていますからね。

 

 

ここで大事になってくるのが「ミラーリングの使い方」

 

たとえば初対面でお互いに緊張している時に、

親密さを増すために使うのはアリです。

 

まだ関係性がそこまで生まれていなければ、

ミラーリングを上手く使えば親しくなれます。

 

ですがミラーリングはあくまで最初のキッカケ。

打ち解け始めたらミラーリングを実践せずに、

できる限り素の自分を出す様に意識してください。

 

 

ミラーリングをする期間が長いほど、

相手は演じているあなたに好意を抱きます。

結果として、お互いのストレスにもつながるのです。

 

ミラーリングは適度に。

これがポイントですね。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す