menu

ぬいぐるみ心理学

居心地がいい相手を見つけるただ1つの方法

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

人付き合いをしていく上で、

「長くこの人と関わりたい」

という気持ちが生まれたりします。

 

恋愛はもちろん、

友達や職場の人間関係で、

損得感情を超えて純粋に

「もっと一緒にいたいな」と感じる時。

 

なぜそう感じるのか。

これは人によって様々ですが、

居心地の良さというのは、

1つのキーワードになってきます。

 

「この人と一緒にいると自分を出せるな」

この様に感じれば、

何度も会いたいと思うでしょう。

 

もちろんこうした相手が常に

あなたの身の回りにいれば良いのですが、

なかなか見つからないこともあります。

 

せっかくなら心を許せる存在がいた方が、

より自分らしく毎日を過ごせます。

 

この記事では、

居心地の良い相手を見つける上で、

絶対に外してはいけない視点をお伝えします。

 

 

居心地の良い相手かどうかは「あなた次第」

ぬいぐるみ心理学 恋 画像

 

多くの人がやってしまう失敗として、

「居心地の良い相手を探そうとする」

ことが挙げられます。

 

「いや…普通は探すんじゃないの?」

とツッコミが入りそうですが、

実はこれって相当危険なんです。

 

こうした言動って、

居心地の良い相手を探しているけど、

自分は変わるつもりがないですよ、

と言ってる様なものです。

 

 

居心地の良い相手は、

今の人間関係の中にいるかもしれません。

 

居心地の良い相手かどうかは、

あなたの関わり方次第で決まるんです。

 

あなたがどれだけ相手を思って関われるか

あなたが相手に遠慮せず、

本音で語り合うことができるか

 

こうした部分をおろそかにしていては、

居心地の良い相手は現れません。

 

これはよくあるケースなのですが、

あなたにとって居心地の良い

相手だと思っていた人が、

次第にあなたと関わらなくなってくること。

 

好き放題に相手に関わっているので、

あなたの居心地は良いのですが、

相手はストレスをためている。

 

でも、直接伝えてあなたの

気を悪くしたくないから、

自然と関わる機会を減らそうとする。

 

これが原因であるケースが多いです。

 

一方が居心地の良さを感じていても、

もう一方が同様に感じているとは

決して限らないんですよね。

 

最後に

 

 

居心地の良い相手を見つけるただ1つの方法。

それは…

「相手にとって居心地の良い存在になること」

 

もちろん最初からなれるとは限りません。

 

相手にとって居心地の良い存在に

なるにはどうすればいいか、

これをひたすら考え、実行することです。

 

また、あなたが相手に対して

隠し事なく本音で関わることで、

相手も同様の関わり方をしてくれるでしょう。

 

一方が相手に気を使いすぎることなく、

本音で関われる関係であることも重要です。

 

 

「居心地の良い存在に、自分もなろう」

まずはこう決めるのが、第一歩です。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す