menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

自己効力感が低い原因は幼少期にある!親との関係も影響大!

[最終更新日]2022/04/07

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回のテーマは自己効力感。

 

「自分には目標を達成する力があると思っていること」

「またそのために必要な行動ができると思っていること」

 

この様に自分の可能性を認知していることを、

自己効力感と言います。

 

自己効力感が高ければ高いほど、

大小さまざまな目標を達成できるので、

自分らしく幸せな人生を送れます。

 

一方で自己効力感が低く悩んでいると、

物事が自分の望んだ結末にならないことも増えます。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

自己効力感が低い原因を詳しく解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

自己効力感が低い原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

自己効力感が低いのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信がないと自分の可能性を信じることもできません。

 

「目標を達成できるんだ」

「そのための行動を取れるんだ」

 

こうした気持ちが湧いて来ないのです。

 

その一方で自分に自信があれば、

自己効力感も自然と高まります。

 

自信と自己効力感とは、

密接に結びついているのです。

 

幼少期の親との関係も影響している

とはいえ冷静に考えると、

私たちは生まれた時から自信のある状態で過ごしていました。

 

それが大人になるにつれて、

少しずつ自信がなくなり自己効力感も低くなったのです。

 

つまり自己効力感が低いのは、

幼少期の経験が影響しています。

 

また私たちにとって親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親と関わる中で受けた影響が、

その後の人生にも大きな影響を与えるのです。

 

「親ができない点ばかり指摘していた」

「親によく怒られていた」

「親も自己効力感が低かった」

 

たとえばこの様な場合だと、

子供も自己効力感が低くなってしまうのです。

 

もちろん親を変えることはできませんが、

自分自身を変えることは今からできます。

 

幼少期の経験に影響を受け続けず、

自信のなさと向き合い行動することで、

今から自己効力感を高めることはできます。

 

自己効力感が低いままだとどうなるか?

もし自己効力感が低いままだと、

人生にとって良いことはありません。

 

やりたいことを行動に移さず、

周りを気にして流される様に日々を過ごしてしまいます。

 

自分の可能性を信じることができないので、

失敗するリスクばかりに気に取られ、

いつまでも前に進めないのです。

 

「あの人はすごいな」

「それに比べて自分は…」

 

この様に周りと自分を比べ劣等感を抱いたり、

あてに嫉妬することも出てきます。

 

自己効力感が低いまま生きていても、

自分が本当に望む人生は訪れないのです。

 

自己効力感を高める2つの方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

自己効力感を高める方法をお伝えします。

 

2つの方法を繰り返し実践することで、

自己効力感を高めることができます。

 

自分の気持ちを声に出す

まず最初の方法が、

「自分で自分の気持ちを声に出すこと」

 

自己効力感が低い人ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず頭の中で考え込んでしまうのです。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

ネガティブに考えるほど、

自己効力感も低くなってしまうのです。

 

自己効力感の低さに悩まされている時ほど、

頭の中であれこれ考えがちです。

 

どんな気持ちも、まずは声に出して受け止めること。

 

これが現状を変える第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座で解説していますが、

意識してぬいぐるみを活用することで、

自己効力感が低い状況は抜け出せます。

 

自分を主語にして問いかける

自分の気持ちを声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけます。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

自己効力感が低い人ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

自分よりも先に周りの目を気にするので、

自分を主語にして問いかけていないのです。

 

あるいは失敗するのを恐れて、

「どうしたいのか?」と問いかけていません。

 

「どうしたいのか?」ではなく、

「どうしたらいいのか?」と問いかけてしまい、

ますます自分の気持ちがわからなくなってしまうのです。

 

自分を主語にして問いかけることは、

自己効力感が低い現状を抜け出す上で不可欠です。

自己効力感が低いのは、

生まれつきの性格ではありません。

 

後天的に身についたものなので、

誰でも今から自己効力感を高めることができます。

 

自己効力感が低い原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合いながら、

2つの方法に取り組むことで、

自己効力感が低い現状を変えられる様になります。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事