menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

ありのままの自分を認められない原因は自信のなさ!

[最終更新日]2022/05/24

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回のテーマについては、

私のお客様からもよく相談が寄せられます。

 

「ありのままの自分を認められない」

 

ありのままの自分で生きていきたいものの、

同時にありのままを認められず悩んでいる人は多いです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

ありのままの自分が認められない原因を解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

ありのままの自分を認められない原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

ありのままの自分を認められないのも、

自信のなさが背景にあります。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信がないからこそ自分を認められないのです。

 

「ありのままで生きていいのか…」と、

自信のなさから自分を抑えてしまうのです。

 

もし自分に自信があれば、

ありのままの自分で生きれる様になります。

 

また私は、自分の自信のなさの度合いを診断する心理テストを開発しました。

 

12個の質問(二択)に答えるだけで、

自信のなさをどれだけ感じているかが判明します。

こちらも合わせてやってみてください。

 

「具体的にはどんな自信のなさがあるのか?」

 

詳しく解説します。

 

周りの目を気にしている

ありのままを認められない人は、

周りの目を気にする自信のなさがあります。

 

想像してみてください。

もし周りに誰も人がいなければ、

ありのままの自分でいられるでしょう。

 

ですが周りに人がいるからこそ、

無意識のうちにブレーキを踏んでしまうのです。

 

「否定されたらどうしよう」

「嫌われたらどうしよう」

「変な風に思われたらどうしよう」

 

こうした気持ちが出てくるほど、

自分らしく生きれなくなってしまうのです。

 

ちなみに「周りの目」とは、

特定の誰かと不特定多数の両方を指します。

 

上司、親、恋人、友人など、

特定の誰かの反応を気にしてしまうこともあるでしょう。

 

一方で世間体や一般的な価値観などは、

不特定多数の相手のことを気にしています。

 

いずれにせよ確かなことは、

周りの目気にするほど自分を出せなくなってしまうのです。

 

幼少期にキッカケがある

そして私たちの自信のなさは、

幼少期にキッカケがあります。

 

泣きたい時に泣き、

笑いたい時に笑い、

欲しい物は欲しいと主張したりと、

誰もが幼い頃は自分らしく振る舞えていました。

 

ですが少しずつ大人になる中で、

周りを気にして自信が持てなくなってしまいます。

 

発達心理学の分野では、

小学校低学年頃から周りを気にし始めると言われています。

 

最初は授業でも手を上げる子が多いものの、

学年が上がるにつれ減ってしまうのも、

周りにどう見られるかを気にする様になるためです。

 

ありのままの自分を認められなくなったのは、

幼少期からの成長過程にキッカケがあります。

 

ありのままの自分を認められないのは苦しい

とはいえ冷静に考えれば、

生まれた時からありのままを認められない人はいません。

 

生まれ持った特性ではなく、

後天的に身についたものなので、

誰でも今から現状は変えられます。

 

ありのままの自分に気づき、

認められる様になります。

 

ありのままの自分を認められなければ、

仕事でもプライベートでも苦しいだけです。

 

自分の気持ちを抑えがちになり、

やりたいことに挑戦しにくくなります。

人間関係でも上手くいかないことが増え、

気疲れやストレスを溜め込んでしまいます。

 

これから紹介する3つの方法で、

ありのままの自分を認められる様になりましょう。

 

ありのままの自分を認める3つの方法

 

3つの方法を順番に実践することで、

ありのままの自分を認められる様になります。

 

さっそく1つずつ解説していきます。

 

自分の気持ちを声に出す

最初の方法が「自分の気持ちを声に出すこと」

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が増大する習性があります。

 

周りの目が気になったり、

できない部分ばかり目につく様になります。

 

ありのままの自分を認められない時も、

声に出さず頭の中で考えている時です。

 

どんな気持ちでも良いので、

まずは自分の気持ちを声に出すことが、

現状を好転させる第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

意識してぬいぐるみに触れることで、

ありのままの自分を実感しやすくなります。

 

自信のなさと向き合う

そして自分の気持ちを声に出したら、

自信のなさと向き合っていきましょう。

 

「なぜありのままを受け入れられないのか?」

 

「ありのままを認められないのはいつからか?」

 

「ありのままが認められないのはどんな時か?」

 

この様に5W1Hを活用しながら、

自信のなさを深掘りしていきます。

 

「ありのままが認められないな」と思うだけでは、

いつまでも現状は好転しません。

 

自分の気持ちを掘り下げることで、

ありのままが認められない原因が見えてきます。

 

「どうしたいのか?」と問いかける

そして最後のステップは、

「どうしたいのか?」と問いかけること。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

ありのままを認められない時ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

「した方がいい」

「しなきゃいけない」

「するべきだ」

「してあげる」

「して欲しい」

 

この様に周りのことを先に考え、

「どうしたいのか?」と問いかけるのを忘れています。

 

自分を主語にして問いかけなければ、

ありのままの自分を出せなくなります。

 

自分を主語にして問いかけるからこそ、

ありのままを認められる様になるのです。

ありのままの自分を認めるほど、

毎日が充実したものになります。

 

人目を気にせず行動できたり、

やりたいことに挑戦できたりと、

自分が本当に望む毎日を生きれます。

 

ありのままを認められない原因は自信のなさ。

 

3つの方法を実践しながら、

現状を変えていきましょう。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事