menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

八方美人の原因は幼少期にある!治し方を解説!

[記事公開日]2021/04/16

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回取り上げるのは八方美人。

 

「誰からもよく見られようと愛想よく振る舞うこと」

 

これが八方美人の意味です。

 

言葉だけを聞くと長所にも見えますが、

実は八方美人に悩んでいる人は多いです。

 

八方美人を続ければ、

その瞬間は良い評価を得られることがあっても、

長い目で見ると人間関係の悩みを抱きやすくなるのです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点から、

八方美人を演じてしまう原因を詳しく解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

周りの目を気にしている

八方美人を演じているのは、

周りに人がいるのを前提としている状態です。

 

周りにどう思われるかを気にしていると、

八方美人な一面が出てくるのです。

 

「変な風に思われない様に」

「好意的に見られる様に」

「良い評価を得られる様に」

 

八方美人を演じてしまう背景には、

周りの目を気にする意識があるのです。

 

悩みの原因は自信のなさ

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさであると解説しています。

 

八方美人を演じてしまうのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば周りを気にすることもなく、

八方美人を演じることもありません。

 

相手にどう思われるかを気にせず、

自分の気持ちに素直に振る舞えるのです。

 

自信がないから周りを気にして、

良く見られる自分を演じてしまうのです。

 

幼少期に根本原因が!

そして私たちの自信のなさは、

幼少期に形成されます。

 

八方美人を演じてしまう原形も、

実は幼少期の経験にあるのです。

 

生まれた時から八方美人な赤ちゃんは、

どう考えてもいません。

 

大人になる中で周りの目を気にし、

良く見られる自分を演じる様になるのです。

 

また私たち人間にとって、

親との関係が人間関係のスタートです。

 

親との関わりで受けた影響が、

その後の人間関係にも及んでしまうのです。

 

「親の前では良い子を演じていた」

「親が評価にうるさかった」

「親に怒られるのが怖かった」

 

たとえばこうしたケースの場合、

八方美人を演じやすくなってしまうのです。

 

八方美人の治し方

先ほどもお伝えした様に、

生まれた時から八方美人な人はいません。

 

その意味で八方美人は性格ではなく、

今から誰でも治すことはできます。

 

八方美人を演じる原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合うことで、

八方美人を抜け出すことができます。

 

八方美人を抜け出すことで、

人間関係の悩みもなくなります。

 

八方美人の治し方については、

別の記事で詳しく特集しているので、

合わせて読んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事