menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

無価値感を抱く原因は幼少期にある!親との関わりも影響大

[記事公開日]2021/04/03

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回のテーマは「無価値感」

 

無価値感についての相談は、

私のお客様からもよく寄せられます。

 

私も自分に自信が持てなかった頃は、

無価値感に襲われていた時もありました。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

無価値感を抱く原因を詳しく解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

無価値感とは何か?

自分やものを過小評価し否定的になる状態。

 

「自分に価値がない」

「自分は生きるに値しない」

「自分は何の役にも立たない」

 

この様に自分の能力や健康、財産、境遇などを否定する感情のこと。

これが無価値感の意味。

「価値が無い」と書いて無価値感です。

 

自己肯定感が低くなったり、

自分で自分を責めてしまう時ほど、

無価値感を感じやすくなると言えます。

 

言葉を見てもわかる様に、

無価値感を感じたい人は一人もいません。

 

「自分には価値がない」と思いながら、

毎日を送りたい人はいないのです。

 

無価値感を感じる原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさであると解説しています。

 

無価値感を感じてしまうのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば無価値感を抱くことはありません。

 

「自分には価値がない」という意識は、

自信が持てないからこそ出てくるのです。

 

「自信がない」と「価値がない」という様に、

いずれも語尾に「ない」という言葉があります。

 

足りない部分に意識が向いているので、

悩みを抱きやすくなってしまうのです。

 

それこそ無価値感を感じる背景には、

周りの目を気にすることがあります。

 

周りと自分を比較してしまうからこそ、

自分には価値がないと思ってしまうのです。

 

幼少期に根本原因が!

そして私たちの自信のなさは、

幼少期に形成されています。

 

生まれた時から自信がない人は、

誰1人としていません。

 

成長する過程で自信のなさが生まれてしまうのです。

 

つまり無価値感を抱くのも、

幼少期の経験に原因があります。

 

自分には価値がないと感じるキッカケが、

幼少期の経験のどこかに存在するのです。

また私たち人間にとっては親が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親との関わりで受けた影響が、

その後の人間関係に影響を与えているのです。

 

「親にできない部分ばかり指摘された」

「親の求める基準が高かった」

「親が構ってくれなかった」

 

たとえばこうしたケースの場合、

無価値感を抱きやすくなってしまうのです。

 

無価値感を解消するには?

「無価値感を手放したい!」という声は、

多くのお客様から寄せられています。

 

無価値感を抱き続けたい人は、

誰1人としていません。

 

自分には価値がないと思い続けても、

幸せな未来は待っていません。

 

生まれた時から無価値感を抱く人はおらず、

後天的に身についてしまったものなので、

無価値感を解消することはできます。

 

無価値感を解消するための方法は、

別の記事で詳しく特集しています。

 

無価値感が強い人の心理背景や、

解消方法を2ステップでまとめているので、

合わせて読んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事