menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

スピード結婚で後悔する理由を【ぬいぐるみ心理学】で解説!

[記事公開日]2015/01/08
[最終更新日]2018/10/15

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今回はスピード結婚について見ていきます。

 

おそらく芸能人の結婚や離婚報道から定着したであろう、

「スピード結婚」「スピード離婚」という言葉

 

出会ってすぐに結婚することを指すこともあれば、

付き合ってからすぐに結婚することもあります。

 

この場合、「すぐ」という言葉に明確な期間は定まっていない様です。

あくまで感覚的に「早い」と感じれば、「スピード」という言葉がつきます。

 

まあ、「これだ!」という定義を出したいわけではないので、

この記事では何となく伝われば良いです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

今回はスピード結婚で後悔する理由について伝えていきます。

 

私自身がぬいぐるみ心理学を提供する中で感じて来たこと。

これも踏まえながら、理由を分析していきます。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

性格の不一致?

性格 不一致 画像

さて、まっ先に理由として上げられるのが、

「性格の不一致」です。

 

「性格が合わなかった」

「一緒に住んでみて初めて性格がわかった」

 

後悔する夫婦の多くから聞こえてきそうな言葉です。

究極的には、これを理由に離婚する夫婦もいるくらいですからね。

 

酔った勢いで交際、結婚してしまうことのリスクについては、

以前の記事でもまとめましたね。

また、年齢を理由に結婚を焦ってしまうリスクについても話しました。

 

「性格が不一致なら、結婚しなければいいじゃん!」

なんて反論したい人もいるでしょうが、

こうした理由から、結婚を決断してしまうケースもあるんです。

本当に「性格の不一致」で片付けていいのか?

自己開示 できない 苦手 方法 画像

とはいえ、そもそも人間はみんな違うわけです。

性格が一致する人なんて誰1人としていません。

 

「良い所もあれば嫌いな所もある。

それらをすべて受け入れた上で、結婚生活を送る。」

 

もしこれがいわゆる「性格の一致」だとすれば、

お互いに妥協できる相手と結婚しているにすぎません。

 

お互いに気持ちよく妥協できているのであれば、それは理想です。

 

実際、ぬいぐるみ心理学でも、

最終的にはお互いがほとんどストレスを感じない中間地点へ、

日々の関わりを落とし込んでいきます。

 

もちろん、お互いの素の自分がほぼ100%でた上で、です。

ただ、ストレスを溜め込んで妥協地点に着地したのなら、

それは非常に問題です。

 

溜まっていったストレスは、

・浪費

・食べ過ぎ

・浮気

・心身の病気

など、形を変えてあなたの目の前に現れます。

 

スピード結婚で後悔する場合はもちろん、

普通に結婚したとしてもこうした状態であれば、

非常に危険だと言えます。

後悔しないためには?

紙飛行機 画像

さて、もしあなたがスピード結婚をして後悔したとしても、

まだ十分に道は残されています。

 

ぬいぐるみ心理学において、

「相性が良い」というものはありません。

 

個人面談を通して、

あなたの人付き合いの特徴をパターン分けしますが、

どのパターンの人と関わったとしても、

上手くいく可能性はあります。

 

つまり、あなたが後悔しているパートナーとだって、

上手くいく可能性は十分にあるのです。

 

お互いのパターンを知った上で、

お互いに喜ぶポイントを見つけていく。

裏を返せば、お互いにストレスを抱えない方法を見つけていく。

 

これさえできれば、結婚生活はいつでも好転できます。

 

詳しい方法は、個人面談を受けた方にだけ教えます。

ですが、たとえ個人面談を受けないとしても、

知っておくと結婚生活が好転する可能性のある情報を、2つ伝えます。

仕事 自信の持ち方 画像

1つは、対人感情の話です。

 

どんなにぬいぐるみ心理学で具体的なステップを伝えても、

相手にネガティブな感情を抱いていたら意味がありません。

 

実は、知らない内に相手へネガティブな感情を抱いていることもあります。

詳しくはこちらの記事に書いているので、確認して下さい。

子供 ぬいぐるみ 心理 画像

2つ目は、捉え方の話です。

どんな状況でも、見る人によって捉え方は変わります。

こちらの記事にまとめているので、今の自分に照らし合わせてみてください。

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事