menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

反抗期がなかった大人に待っている反動とは?

[最終更新日]2022/12/20

こんにちは、伊庭和高です。

 

「反抗期がないまま大人になってしまった」

 

こうした声は年齢や性別を問わず、

私の元によく寄せられます。

 

反抗期がなかったことで、

実は大人になって様々な影響が出ています。

 

生きづらさを抱えたり、

同じ悩みを繰り返すこともあるのです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

反抗期がないまま大人になるとどうなるのかを解説します。

 

反抗期がなかった

反抗期がなかったと言えば、

ポジティブな印象を持たれることもあります。

 

親にいちいち反発をしたり、

周囲に当たり散らしたりせず、

良い子で育った様なイメージも出てきます。

 

実際過去の私も振り返れば、

反抗期はなかった様に思えます。

 

ですが反抗期がないままだと、

大人になって反動がやってくるのです。

 

大人になってどうなるのか?

たとえば大人になった時に、

周りの目を気にしてしまいます。

 

言いたいことが言えず、

やりたいことを我慢することもあります。

 

「どう思われるのか…」

「怒られたら…」

「変に思われたら…」

 

こうした気持ちが頭に浮かび、

相手のことを先に考えてしまうのです。

 

自分を大切にできず、

窮屈感を抱くこともあります。

 

なぜ反抗期がなかったのか?

そもそも反抗期がなかったのは、

親との関係が影響しています。

 

親の顔色を伺っていたり、

親が高圧的だった場合は、

反抗期がないこともあります。

 

すべての人間関係のスタートは親です。

 

親との関係での影響が、

その他の人間関係にも及んでいるのです。

 

そして親との関係が悪くなくても、

反抗期がなかったケースはあります。

 

親の期待に応えねばと思ったり、

親を悲しませてはいけないと思うほど、

反抗期がないまま大人になってしまいます。

 

良い子を演じ続けると、

自分の気持ちを抑えてしまうのです。

 

すべての悩みの原因は自信のなさ

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだとお伝えしています。

 

反抗期がないまま大人になってしまうのも、

自分の自信のなさが影響しています。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば自分の気持ちに素直に振る舞えます。

 

周りの目を気にせずに、

言いたいことが言える様になります。

 

反発したい時はできますし、

時に強く意見を言うことも出てきます。

 

ですが自分に自信がないと、

周りの顔色を伺ってしまいます。

 

相手ありきで物事を考え、

良い子を演じてしまうこともあるのです。

 

悩みは形を変えて繰り返される

環境や付き合う相手を変えても、

悩みは形を変えて繰り返されます。

 

確かに環境を変えれば、

一時的に気持ちは前向きになります。

 

ですが環境を変えたとしても、

自分自身が変わらないと、

次第に同じ壁に直面してしまうのです。

 

どこか前向きになれない状況が、

形を変えて繰り返されてしまいます。

 

反抗期がないまま大人になると、

周りを気にして自分の気持ちを抑えやすくなります。

 

人間関係でストレスを感じたり、

やりたいことをやれずにいます。

 

この場合は付き合う相手や職場を変えて、

一時的に状況を変えようと思うこともあります。

 

ですが環境を変えても、

自分が変わらなければ、

新たな環境で同じ悩みに直面するのです。

 

現状を好転する2つの方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

現状を好転する方法をお伝えします。

 

2つの方法を繰り返し実践することで、

自然と前向きになれます。

 

自分の気持ちを声に出す

まず最初の方法が、

「自分で自分の気持ちを声に出すこと」

 

反抗期なく大人になった人ほど、

自分の気持ちを声に出せていません。

 

声に出さず頭の中で考え込んでしまうのです。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が増大すると言われています。

 

頭の中で考えるほど、

周りの目を気にしたり、

自分の気持ちを我慢する様になります。

 

どう思われるかを気にして、

良い子を演じる場面も増えるのです。

 

どんな気持ちも、まずは声に出して受け止めること。

これが現状を変えるポイントです。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座で解説していますが、

意識してぬいぐるみを活用することは、

自分の気持ちを受け止める上で効果的です。

 

自分を主語にして問いかける

自分の気持ちを声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけます。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

反抗期なく大人になった人ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

自分よりも先に相手のことを考え、

相手の反応を気にしてしまいます。

 

「した方がいい」

「しなきゃいけない」

「するべきだ」

「してあげる」

「して欲しい」

 

この様に相手のことを先に考え、

自分がどうしたいかを問いかけられていません。

 

「どうしたいのか?」という問いかけは、

現状を変えるためには不可欠です。

反抗期なく成長すると、

さまざまな問題が発生します。

 

ですが今から誰でも、

現状を好転することはできます。

 

根本原因の自信のなさに向き合い、

2つの方法を実践することで、

悩みを解決し幸せな毎日を実現しましょう。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事