menu

ぬいぐるみ心理学

合わない上司が異動した!<ぬいぐるみ心理学実践1ヶ月で職場が激変>

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

今日は過去にぬいぐるみ心理学

実践されたお客様の声を紹介します。

※佐藤さん(仮名)としますね。

 

 

合わない上司が異動した!

 

4a122bb2096e2aaff8bddae4731b414e_s

 

 

佐藤さんは職場の人間関係に悩んでいました。

 

職場にどうしても合わない上司がいて、

転職を検討する程ストレスを抱え込んでいたのです。

 

何でも自分に対して高圧的に接して来るばかりか、

平気で仕事をサボっているのに、

仕事をそのまま放り投げて来ることもあるのです。

 

佐藤さんは立場が下だったこともあり我慢していましたが、

小規模部署だったこともあり関わらないことを選択できない状況でした。

 

そんな中、ぬいぐるみ心理学の個人面談を受けに、

私の元を訪れてくださりました。

 

 

面談で佐藤さんのお話を聞いていると、

「ある事実」に気づきました。

 

 

職場だから自分を演じなければいけない、という思い込み

 

自己開示 できない 苦手 方法 画像

 

そう、職場にいる時の佐藤さんは、

職場の顔を演じなければいけないと思い込んでいたのです。

 

 

プライベートの佐藤さんは自由奔放。

おっちょこちょいな所もありましたが、

そんな佐藤さんのことを「愛嬌がある」と言って、

自然と友達が集まって来る様な状況でした。

 

しかし職場での佐藤さんは丁寧に仕事をやろうとして、

どこか自分に自信が持てていない様子。

 

上司に怒られると自分の意見を言えず、

どこかしろどもどろになってしまう一面もありました。

 

 

「職場で自信のない自分から卒業する」

 

佐藤さんにとって一番の解決策は、

まず職場でも自信を持って振る舞える様になることでした。

 

それから、ぬいぐるみ心理学のプログラムを使い、

一歩ずつ実践を続けました。

 

いきなり職場で自信を持って振る舞うことは難しいですが、

「自分は今、何を感じているのか?」を問いかけながら、

ぬいぐるみ心理学を使ってコツコツと行動し続けました。

 

 

ぬいぐるみ心理学実践1ヶ月で、上司が異動した!

 

芸能人 ぬいぐるみ 好き 画像

 

するとたった1ヶ月で、

上司が別の部署へ異動することになったのです。

 

 

しかも上司が異動する直前、

佐藤さんはぬいぐるみ心理学実践前とは異なる感覚を抱いていました。

 

「あんなに合わないと思っていた上司なのに、

最近は自己主張できる様になって上司の方が遠慮してる様に感じます!」

 

佐藤さんが自分に自信を持って振る舞える様になったからこそ、

上司の見え方が変わっていったのです。

 

 

あんなに転職を考えていた佐藤さんですが、

今では転職せず職場で幸せそうに働いています。

 

 

「自信がない自分から卒業すると決める」

「自分が変われば、結果として周囲の環境が変わる」

 

佐藤さんの場合は、合わない上司が異動してしまったわけです。

 

 

素直にぬいぐるみ心理学の実践を続けられたからこそ、

佐藤さんが本当に望む毎日を手に入れられたんですよね。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す