menu

ぬいぐるみ心理学

ぬいぐるみと寝る心理を解説!【大人も子供もちゃんと理由があった!】

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

 

年齢や性別に限らず、

ぬいぐるみを布団に入れて寝る人はいます。

 

一緒に毛布にくるまっているケースもあれば、

ベッドの中にいるケースもあります。

 

大人がぬいぐるみを持つことへの不安。

これについては以前書きましたが、

子供でもぬいぐるみと一緒に寝ている様子を見て、

「この子は幼いままでは?」

と心配になる親御さんも多いです。

→【参考記事】大人になってもぬいぐるみが離せない理由

 

しかし絶対に間違ってはいけない点があり、

それは「ぬいぐるみと一緒に寝る=幼い」

という発想です。

 

「心が大人に成長しきっていないから、

いつまでもぬいぐるみと一緒に寝ているんだ」

 

「だからぬいぐるみと寝るのは良くないことだ」

 

この思い込みは絶対にしないでください。

 

私は、ぬいぐるみ心理学を開発し

1100名以上のお客様へ提供する中で、

ぬいぐるみと一緒に寝る人の心理背景を

突き止めることに成功しました。

 

大人・子供に関係なく、

共通の理由があるんです。

 

 

 

ぬいぐるみと一緒に寝るのは、●●●の現れ

ぬいぐるみ 話しかける 画像

 

ぬいぐるみと一緒になるのは、

「安心感」の現れなんです。

 

いつもぬいぐるみと一緒にいたい。

そぼにいて欲しい。

そんな想いを反映しています。

 

そしてこれは、

その人の人間関係においても当てはまります。

 

私達人間はぬいぐるみに対して

自分の理想の存在を重ね合わせます。

つまりぬいぐるみに見せている言動は、

そのまま人間関係でも見せているのです。

 

例えば、特定の友達と常に一緒にいたがる。

恋人と常に連絡をとっていたいと感じる。

 

自分にとって居心地が良い

人間関係かどうかを大事にする。

 

これらはすべて

背景に「安心感」があるのです。

 

裏を返せば、安心感が満たされなくなれば

ストレスを感じます。

 

いつも一緒にいた友達が他の人と仲良くしている

恋人との連絡が毎日とれていない

ギスギスした人間関係になっている

 

こうした状況では、

心身ともにストレスがたまってしまいます。

 

子供であれば登校拒否や体調不良、いじめなど。

大人であれば体調不良やうつ病等の精神疾患。

 

安心感が満たされない状況では、

こうしたリスクを抱えることになります。

意見を抑える 画像

また、リアルな人間関係で

安心感が満たされていないと、

普段以上にぬいぐるみを

そばに置く傾向があります。

 

ぬいぐるみに必要以上に話しかけるのも、

リアルな生活で満たされていない

安心感を補給するためです。

 

 

ぬいぐるみは理想の存在

 

 

ぬいぐるみは意見も言わず否定もしない。

どんな自分も受け止めてくれる理想の存在です。

 

…とこの様にお伝えすると、

「ぬいぐるみなんて単なるおもちゃでしょ?」

と疑問を抱く方が一定数います。

 

実は歴史を振り返ってみると、

ぬいぐるみは単なる物ではなく

魂を持った存在として捉えられていました。

 

もともと宗教や呪術目的で使われており、

無意識に人と見立てていたわけです。

 

数千年が経過した現代においても、

私達はぬいぐるみの好き嫌いに関わらず、

ぬいぐるみを魂を持った存在として見ています。

だからこそ、安心感を感じるのでしょうね。

 

ちなみに本来ぬいぐるみは大人用でした。

大人がぬいぐるみを持ち一緒に寝るのは、

全然変なことではありません。

 

詳細は以下の記事でまとめているので、

合わせて読んでみてくださいね。

→【参考記事】実はぬいぐるみは大人用だった!?驚きのぬいぐるみの歴史

 

ぬいぐるみを取り上げてはいけない

ぬいぐるみ 寝る 心理 画像

 

ぬいぐるみと一緒に寝ていることに

不安を抱いているならば、

間違っても、ぬいぐるみを

取り上げたりしないでください。

 

ぬいぐるみがなくなってしまえば、

その人はストレスをため込みます。

 

また日々の生活で

ストレスをため込んでいる場合、

ぬいぐるみに話しかけたりと、

より安心感を求める傾向が強まります。

 

その人が居心地良く感じられる様にするために、

少なくとも家庭では、

その人の居場所を常に認めてあげて下さい。

 

家庭という「よりどころ」があることで、

その人は安心して毎日を過ごすことができます。

 

なおぬいぐるみと一緒に寝る行動については、

大きくなるにつれてなくなることもありますし、

なくならないこともあります。

 

大人になってもぬいぐるみと

一緒に寝ることは問題ではないので、

あくまで本人に任せ、そっと見守ってください。

 

最後に

 

 

ここまで「ぬいぐるみ」について

詳しく解説をして来ました。

 

ぬいぐるみに気を使う人はいません。

好き嫌いに関わらず、

私達は無意識の内に安心しきった姿を

ぬいぐるみに見せています。

 

ぬいぐるみが身近にあることで、

いつでも安心感を感じられる。

 

人には言えない悩みを打ち明けたり、

夢や目標を打ち明けたり、

実際に声に出して伝えるかは別として、

私達はぬいぐるみに本音を出しています。

 

 

とはいえ1つ注意が必要なのは、

ぬいぐるみの世界で完結しないこと。

 

「ぬいぐるみの前では安心できるけど、

人間関係の悩みを抱え続けている…」

 

「同じ悩みを何度も繰り返しているけど、

ぬいぐるみを通して癒されている」

 

確かに一時的には満たされますが、

悩みの根本原因が解決していないので、

悩みを抱え続けることになります。

 

過去の私もそうでしたが、

ぬいぐるみが好きだったり、

日常的に関わっている人の場合は、

上記の傾向がある人は意外と多いです。

 

ぬいぐるみの前でだけ安心できるのではなく、

日常生活でも安心できる状態を

自分で作っていくこと。

 

安心感はいつでも自分から

生み出すことができます。

 

 

ぬいぐるみ心理学では

そのための方法を無料メール講座

解説しています。

 

いつでも安心感を生み出しながら、

自信を持って毎日を過ごすことができる。

 

ぜひ無料メール講座に登録して、

学んでいたたければと思います。

 

本日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございました!

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す