menu

ぬいぐるみ心理学

ぬいぐるみに名前をつける心理を解説!

 

ぬいぐるみ1つで「自信がない」から卒業する!

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる毎日を手に入れる

ぬいぐるみ心理学

====

 

 

こんにちは、いばっちです。

今回の記事では、「ぬいぐるみに名前をつけること」に注目します。

 

私自身、ぬいぐるみ心理学を提供していて、

ぬいぐるみに名前がつけられているケースをよく目にします。

 

動物の名前をとって「ワンちゃん」「うさちゃん」から、

まったく関係ない「むつ五郎」「ジェニファー」まで・・・

 

ぬいぐるみに名前をつける人って、

あなたが思っている以上にたくさんいるんですよね。

 

ですが、名前をつけない人から見ると

「なぜ名前をつけるのか」不思議がられてしまいます。

 

本人としても想いを込めてつけたでしょうし、

変な誤解はされたくないですよね。

 

しかし、友達や恋人などから誤解されたら結構落ち込むものです。

だからとって、今まで大切にしていたぬいぐるみを捨てる、

なんて言うことはできないはずです。

 

そこでこの記事では、ぬいぐるみに名前をつける人の心理について、

ぬいぐるみ心理学の知識を総動員して解説します。

変な誤解を生まない様に、心理背景を知ることは大切ですからね。

なぜぬいぐるみに名前をつけるのか?

大きい ぬいぐるみ 動物 人間 画像 ぬいぐるみに名前をつけるというのは、

「自分だけの存在」であることをはっきりさせる効果があります。

 

例えば、オモチャ売り場で見つけたチョッパーのぬいぐるみ。

 

何も名前をつけなければ、

他のチョッパーのぬいぐるみと変わりませんが、

「チョッパーちゃん」と名前をつけるだけで、

「自分のチョッパー」になります。

 

これは何もぬいぐるみに限ったことではありません。

 

あまりに当然すぎて考えたことはないでしょうが、

子供に名前をつける行為だって、

自分の子供であることをはっきりさせる効果があります。

 

名前をつけなければ赤ちゃんはいっぱいいるわけで、

他人から見たらどの赤ちゃんも同じに感じてしまいますからね。

 

他にも、スポーツ選手が道具に名前を掘ったりするのも、

これに似た心理があります。

 

他の人と同じグローブではなく、

自分だけのグローブであることを認識する。

これも同じですよね。

ぬいぐるみ 話しかける 画像

話を戻すと、ぬいぐるみに名前をつけることで、

自分だけのぬいぐるみであることがはっきりします。

 

自分だけのぬいぐるみであれば、一緒にいて安心しますし、

心を許せる理想の存在になったと言うことを実感できます。

 

以前の記事で、ぬいぐるみは本来

大人のものだったことを伝えましたので、

たとえ大人がぬいぐるみに名前をつけていたとしても、

まったく変なことではないことは理解できますよね。

ぬいぐるみに名前をつける「その人の」心理を見ていく

ぬいぐるみ心理学 恋 画像

さて、ここまでが一般的な心理背景ですが、

もっと深く、「その人だけの心理」を見ていくことも重要です。

 

「なぜぬいぐるみに名前をつけるのか?」

人によって理由は様々です。

 

例えばこれまでのお客さんの中では、こんなケースがありました。

その1

 

名前をつけることで、自分のものになった気分がする。

どんどん呼ぶし、思うがままに扱ってる気分がする。

 

→こうしたケースでは、安心感だけではなく、

自分の主張を常に認めてくれる存在という意味もあるでしょう。

 

王様気質というか、自分が主導権を握っていたいという心理が、

ぬいぐるみに自分が名前をつけるという行為で現れています。

その2

 

その時に大事だった人の名前をつける。

友達の名前や恋人の名前をつけたことがある。

 

→こうしたケースは、安心感をより強く求めています。

 

友達や彼氏と常に一緒にいたいからこそ、

ぬいぐるみにも名前をつけるんです。

 

そして、たとえ友達とケンカしたり恋人と別れても、

名前を変えないケースは意外とあります。

 

その人の雰囲気やぬくもりが好きなので、

忘れないためにも名前はそのままなんでしょうね。

 

もちろん、これ以外にも様々なケースがあります。

 

より深く、その人だけの理由を探っていくと、

相手の気持ちを深く理解することができます。

最後に

40代 恋愛 デート 画像

ぬいぐるみに名前をつける行為は、

決しておかしなことではありません。

 

名前をつけるという現象だけに目を向けず、

「なぜ名前をつけるのか」まで考えることで、

相手の気持ちを深く理解できます。

 

ぬいぐるみ心理学を活かすも良し。

この記事の内容を活かすも良し。

 

ぜひ、あなたの日常につなげてください。

その際には、以下にある無料講座も活用してください。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す