menu

ぬいぐるみ心理学


会社の人間関係がしんどい理由は?解決策も伝授!

[記事公開日]2015/04/05
[最終更新日]2018/10/14

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

さて、最近ぬいぐるみ心理学において、

会社の人間関係の相談に乗りました。

 

何でも、職場の雰囲気がギスギスしていて、

その場にいるだけで疲れてしまうとのこと。

 

また、素の自分を出したいのだけれども、

周りにどう思われるのかが気になってしまうとのこと。

 

これまで何度か職場の人間関係について取り上げてきましたが、

今回は以前とは違った視点から、この悩みを扱います。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

なぜ「しんどい」と感じるのか?

 

 

まず、会社で働く際にやりがいを大事にしている人もいますが、

やはりお金を得るための手段と考える人も多いです。

 

別にどちらが正しいというわけでもありませんが、

お金を得るための手段として考えている人の中には、

「嫌々仕事をしている」人もいます。

 

そして、長い年数働き続けるほど、

仕事の感覚もわかってきますし、

会社に大きな期待ができないこともわかってきます。

 

大きい会社であればあるほど機動力はないですし、

何かを変えようにも何人もの上司に許可をとらないといけません。

 

 

人間関係にも気を使わなければ浮いてしまいますし、

言いたいことも言えずにストレスを抱え込んでいる人もいます。

 

これが「しんどさ」の原因の1つでもあります。

 

 

また、会社の中では陰口を言うことでストレス発散する人もいます。

 

「あの人、あんなことやったんだって」

「本当に、あの人は使えないよね」

 

など、年齢や性別を問わずあらゆる人を陰口の対象にして、

一時的にストレスを発散しているのです。

 

とはいえ、陰口を言うことでストレス発散できるのは一時的で、

結局はまた仕事でストレスを抱えていくことになります。

その度に、陰口を言うことを繰り返していくのです。

 

あなたの職場にも、1人はこんな人がいるんじゃないでしょうか?

 

会社の人間関係でストレスがなくなる方法

 

頑張らない 自分らしく生きる 画像

 

あなたが「しんどい」と感じることなく、

ストレスを感じずに過ごす方法はあります。

それが、「ありのままの自分」をさらけ出すことです。

 

働く上ではどうしても、「周りに合わせないと」という意識が働きます。

その結果、自分らしさを出すことをあきらめ、周りに振り回されます。

 

これではストレスがたまるのも当然でしょう。

 

 

まずは素の自分を出す。

これを第一に考えて下さい。

その上で、相手によって素の自分をどれくらい出すかを調整していくのです。

 

どうしても職場には陰口を言う人はいますし、

これはもう、仕方のないことです。

 

ですが、素の自分を出しながら関われていれば、

ストレスを言われてもそこまで気にならなくなりますし、

逆にあなたに味方してくれる人が現れる様になってきます。

 

 

まずは素の自分を出す。

その上で、相手によって出し方を調節していく。

これこそが、職場で自分らしい人間関係を築く方法です。

 

 

ちなみに、素の自分が何なのかわからない人については、

ぬいぐるみ心理学を使って導き出すことができます。

まずは、以下にある無料講座に申し込み、理解を深めて下さい。

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

ご依頼・お問合せ