menu

ぬいぐるみ心理学


思い込みが激しい性格を治す【たった1つの方法】

[記事公開日]2015/01/30
[最終更新日]2018/12/17

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

 

お客様の相談に乗っていると、

「思い込みが激しくて悩んでいます」

という声を聞くことはよくあります。

思い込みが激しいから、

つい周りの目線を気にしてしまう。

 

思い込みが激しいから、

相手の発言の裏を考えてしまう。

 

実際私も昔を振り返ると、

思い込みの激しい時期はありました。

 

そこでこの記事では、

ぬいぐるみ心理学で得た知識を踏まえて、

思い込みの激しい性格を治す方法を解説します。

 

根本的な方法は、

実は1つしかないんですよね。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座
 

たった1つの方法とは?

 

 

思い込みが激しいと悩む人の多くは、

「ネガティブな思い込み」

をしていることが多いです。

 

この記事を読んでいる多くの人も、

ネガティブな思い込みを治したいと

思っているはずです。

 

 

まあ、そうですよね。

 

「自分は何もかもうまくやれる!」

「きっと理想のパートナーに出会える!」

ポジティブな思い込みを治したい人なんて、

ほぼいないでしょう。

さて、話を戻します。

私はぬいぐるみ心理学を提供していますが、

人間関係について面白い法則を発見しました。

 

それが、「鏡の法則」です。

 

どういうことかというと、

自分が相手に思っていることは、

相手からも自分に返ってくるということです。

 

例えば「本音で語ろう」と意識していれば、

自然と相手も本音で話してくれる様になります。

一方で、遠慮して良い自分を演じながら

関わろうと思っていれば、

相手も自分をさらけ出してくれません。

※恋愛においてその結果どうなってしまうかは、

以前の記事でも書きました。

 

相手のことを「苦手だな〜」と思っていれば、

相手もあなたを「苦手だな〜」と思います。

思い込みが激しいと悩む人にも、

この法則は確実に当てはまります。

 

つまりネガティブな思い込みをしていれば、

ほぼ間違いなくその通りの結果が

生まれるのです。

 

 

ネガティブな思い込みを治すただ1つの方法。

それは「ネガティブに思い込まない」

ということです。

「いや、そんなのわかってるよ!」

「ポジティブ思考ばかりすればいいのか?」

こんな声が飛んできそうですね。

 

実際、ネガティブな思い込みを治すためには、

ネガティブに思い込まないという

根本的な部分が必要になってきます。

 

人によって捉え方は違うわけですから、

あなたがネガティブに捉えた出来事に対しても、

ポジティブな側面だってあるはずです。

 

すべての物事には

ネガティブもポジティブもありません。

ただ「あなたがどう感じたか」だけです。

 

「この出来事のポジティブな側面は何だろう?」

まずは考えをめぐらせてみてください。

 

思い込みが激しい根本原因

 

 

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は「自信のなさである」とお伝えしています。

 

思い込みが激しい原因も、

実は自信のなさが原因なのです。

先ほどもお伝えしましたが、

本来物事にポジティブネガティブはありません。

 

ただ自分がどう捉えているかによって、

ポジティブネガティブが決まります。

 

ネガティブに捉えれば捉えるほど、

結果として思い込みも激しくなってしまいます。

 

仕事でも恋愛でも…どんな分野においても、

自信のなさと向き合うことがポイントになります。

 

・周りの目を気にしてしまう

・周りと比較をしてしまう

・自分で自分を否定してしまう

 

例えばこうした自信のなさが原因にあり、

思い込みが激しくなってしまうのです。

とはいえすべてをポジティブ思考すれば

良いというわけではありません。

 

実際、何でもポジティブに考える人って、

何か薄っぺらかったり、

危険な香りがすることもあります。

 

本当はネガティブな感情も大事ですし、

ポジティブと同様に味わうことが重要です。

 

どんな感情もそのまま感じ、

思い込みをなくしていく上で、

すべての悩みの根本原因に気づくこと。

 

これも非常に大切です。

 

お客様の事例を紹介します

さて、ここからは実際に

思い込みが激しいという悩みを

改善できたお客様の事例を紹介します。

 

東京都在住の花田さん(女性)は、

仕事でもプライベートにおいても

思い込みが激しいと悩んでいました。

 

=====ここから=====

 

「思い込みが激しいのは性格ではないか」

「思い込みが激しいのは治すことは無理なのか」

 

解決策を探しながらも

その糸口がわからず悩んでいた時、

伊庭さんのサイトを発見しました。

 

「すべての悩みの原因は自信のなさ」

 

この言葉を聞いた瞬間、

今までの悩みの背景が腑に落ちました。

「仕事ができないと思われているのでは?」

「周りから良く思われていないのでは?」

「自分にはできないのでは?」

 

ネガティブに考えることも多かったですが、

その背景には私の自信のなさがありました。

 

自信のなさに気づけずに

思い込みが激しい状態を作り出していました。

 

思い込みが激しい原因は、

性格ではなく自信のなさ。

 

そもそも性格だとすれば、

生まれた時から変わらないはず。

幼い頃は思い込みもなかったですからね。

無理してポジティブに考えようとしても、

「本当はそんなこと思ってないのに…」と

ネガティブな思考が顔をのぞかせてしまいます。

 

だからこそポジティブネガティブは脇に置き、

自分の自信のなさと向き合うことに集中しよう。

 

伊庭さんと話をしながら、

現状を変えるために行動を始めました。

 

=====ここまで=====

 

花田さんに起こった変化

 

花田さんと直接お話しながら、

花田さん専用の行動メニューをお伝えしました。

 

自信のなさに向き合うこと。

この1点に集中してもらいました。

 

そして、花田さんにどんな変化が起こったのか。

その一部を紹介します。

 

=====ここから=====

 

「思い込みが激しい現状を治したい」

 

口ではこの様に宣言しても、

いかんせん習慣になっていたこともあり、

最初は日常生活でひたすら意識しました。

 

「すべての悩みの原因は自信のなさ」

この言葉を1日何度も声に出していた程です。

 

そして自信のなさに向き合う程に、

思い込みが激しい現状を手放せました。

思い込みが激しくて悩んでいた時ほど、

自分の頭の中で思い込みを作り上げていました。

 

思い込みという言葉が示す通り、

それが事実かどうかわからないものの、

頭の中だけで妄想をふくらませていたのです。

 

まずは自分の気持ちを言葉にしながら、

頭の中に思い込みを溜めない様に意識しました。

 

すると日々の生活が格段に

過ごしやすくなりました。

思い込みを抱え続けていた時は、

周りの反応をやたら気にしており、

心安まる瞬間がなかったです。

 

ですが自分の思い込みに気づくことで、

落ち着いて目の前の物事に対処できる様になりました。

 

自分で自分を否定することもなくなり、

周りからも「最近変わったね」と言われる様になりました。

 

仕事の悩みを休日に引きずらなくなり、

プライベートの時間を思う存分楽しめる様になりました。

 

肩に乗っていた重荷が外れて、

自分らしく心地良く過ごせています。

 

=====ここまで=====

思い込みが激しいと悩んでいる人ほど、

毎日の思考の大部分を思い込みが占めています。

 

自信のなさに向き合い、

思い込みを手放せる様になる程、

空いたスペースで自分のことを

考えられる様になります。

 

変に重圧を感じることなく過ごせ、

自分のやりたいことに時間を使える様になる。

自分らしく毎日が過ごせる様になります。

 

最後に

 

すべての悩みの原因は自信のなさ。

思い込みが激しい原因も自信のなさです。

 

自信のなさに向き合うことができれば、

思い込みが激しい悩みも解決できます。

 

思い込みが激しいのは性格ではありません。

自信のなさに向き合うことができれば、

悩みは解決へと向かっていきます。

 

詳細は無料メール講座で解説していますので、

合わせて活用してください。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

ご依頼・お問合せ