menu

ぬいぐるみ心理学


結婚前提で付き合う期間、どれくらいがベストか?

[記事公開日]2015/02/03
[最終更新日]2018/10/15

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

このサイトでは以前から何度も、

恋愛や結婚について取り上げてきました。

 

ぬいぐるみ心理学を通して人間関係にアプローチしている以上、

恋愛関係の相談や悩みは多くなっていくんですよね。

 

恋愛って、一番その人の「ありのままの姿」が現れます。

もし結婚すれば、一生その人と一緒にいるわけです。

 

気を使っている様に見えて、自分が求めている言動をとりがちです。

 

だからこそ、ありのままの自分を

受け入れてもらえているか不安になるし、

相手のありのままの姿を受け止めきれるかだって悩みます。

 

さて今回は、結婚前提で付き合う期間について見ていきます。

 

年齢を重ねた上で付き合い始めると、

遊びではなく結婚前提の付き合いをする傾向もあります。

付き合う時に「結婚前提で」なんて決めているケースもありますね。

 

では、結婚前提のお付き合いをしている場合、

どれくらいの期間付き合えば良いのか?

 

言い換えれば、どれくらい付き合えば、

結婚に踏み切れば良いのか。

 

ぬいぐるみ心理学をお客さんに提供して来た経験から伝えます。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

付き合う期間よりも大事なものがある

 

そう・・・実は付き合う期間は、それほど重要ではないんです。

 

 

裏を返せば、1ヶ月で結婚しても良いし、

何年もかけて結婚を決めても良いわけです。

 

付き合う期間よりも、実は非常に重要な要素があります。

それは、「ありのままの自分を出せたか」です。

 

以前から何度もお伝えしていますが、

人間関係には鏡の法則があります。

 

 

自分が相手に対して振る舞っている言動は、

そのまま相手からも返ってきます。

 

「相手によく思われたい」

と考え、遠慮して良い自分を演じていたら、

相手もあなたに同じ様に接してきます。

 

こうした状態でもし結婚すれば、

いずれあなたが見て来なかった「別の相手の姿」に気づきます。

 

結婚すれば、実質24時間一緒なわけです。

良い自分を演じ続けることなんて、どう考えても無理ですからね。

 

本音で語り合えない夫婦の悩みについても記事を書きましたが、

あれもまさに、良い自分を演じて結婚してしまったケースです。

 

「どれくらい付き合えば結婚して良いのか?」

と期間で考えてはいけません。

 

 

「お互いに深くつながれているかどうか」

これこそが重要なのです。

 

 

ありのままの自分を出そうとすれば、

当然ケンカもしますし悩むこともあります。

でも同時に、相手も素の自分を出してくれるわけです。

お互いに深い所までわかりあうことができます。

 

もちろん、相手の状況に配慮はする必要がありますし、

何でもかんでも自分をさらけ出していたら、わがままとも捉えられかねません。

 

 

ですが、遠慮せずに自分の本心をさらけ出せなければ、

結婚しても遠慮がとれる日は訪れません。

 

 

「結婚した」という事実は残りますが、

あなたにとっての幸せかどうかは別問題です。

 

最後に

 

 

たとえ結婚前提で付き合っていたとしても、

結婚を焦ることはありません。

 

付き合い方からして真剣さは伝わってくるので、

あとは自分の本音をどんどんさらけ出していきましょう。

 

「何回デートをして」

「何ヶ月付き合って」

これらはそこまで重要なことではないんです。

 

相手と心からつながれているかどうかは、

「付き合う期間」と違って目に見えにくいものです。

 

少しずつ、心で感じながら反応を確かめて下さい。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

ご依頼・お問合せ