menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

見栄を張るのは疲れたからやめたい!【心理的特徴と克服法】

[記事公開日]2021/01/28
[最終更新日]2021/02/17

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回のテーマは見栄を張ること。

 

仕事でもプライベートでも、

見栄を張ってしまう瞬間はあるでしょう。

 

「見栄を張るのはもう疲れた!」

「見栄を張るのはやめたい!」

お客様からこうした声を受けることも多いです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点から、

見栄を張るのをやめる方法を解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

見栄を張るとは?

・うわべを飾ったり体裁を整えること

・外観を取りつくろうこと

・自分を大きく見せたり能力以上の態度を示したりすること

 

これが「見栄を張る」の意味です。

 

無理して自分を演じている状態とも言えますし、

周りにどう思われるかを意識した言動だと言えます。

 

何かの拍子に本当の自分が透けて見えたら、

「実はたいしたことなかった」と思われるかもしれません。

 

ちなみに男性女性ともに見栄を張りますし、

年齢や境遇は関係ありません。

 

見栄を張る原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

見栄を張ってしまうのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信が持てていれば見栄を張る必要はありません。

 

無理して自分を大きく見せたりせず、

そのままの自分で振る舞える様になります。

 

見栄を張る人の心理的特徴

「見栄を張る人にはどんな特徴があるのか?」

ここからは見栄を張る人の心理的特徴を解説します。

 

どれか1つに当てはまることもあれば、

複数に該当しているケースもあります。

 

周りの目を気にしている

見栄を張る人はほぼ間違いなく、

周りにどう思われるかを気にしています。

 

周りの目を気にしているから、

必要以上に自分を大きく見せてしまいます。

 

無理に着飾ったり能力がある様に見せるのも、

周りの反応を気にしているからです。

 

また周りの評価を気にしていれば、

その分だけ見栄を張る様になります。

 

見栄を張ることで高い評価を得ようとしたり、

良い評判を獲得しようとするのです。

 

失敗するのを恐れている

「間違えない様に」

「嫌われない様に」

「孤独にならない様に」

「失望されない様に」

 

この様に失敗を恐れていると、

見栄を張る様になります。

 

失敗することの恐れから、

必要以上に自分を良く見せてしまうのです。

 

承認欲求を満たそうとしている

周りから認められようと思うほど、

見栄を張る様になります。

 

承認欲求という言葉がありますが、

周りから認められることを求めるほど、

自分を大きく誇張する様になります。

 

周りから認められることに意識が向き、

無理して自分を演じてしまうのです。

 

なお承認欲求については、

別の記事で詳しく特集しています。

 

見栄を張るのは疲れた!

確かに見栄を張ることで、

一時的には満たされるかもしれません。

 

周りから評価されたり、

承認欲求を満たせるかもしれません。

 

ですが見栄を張り続ければ、

その分だけ無理をしているということ。

 

気を張りすぎて疲れてしまったり、

本来の自分がわからなくなります。

 

「見栄を張るのは疲れた!」

こうした声を受けるのが多いのも、

見栄を張る反動が発生しているためです。

何より見栄を張り続けていれば、

周りは自分を誤解します。

 

本来の自分がバレてしまった時に、

周りからの信頼は急落します。

 

「そんな人だと思ってなかった…」

「信用できなくなってしまった…」

 

仕事でもプライベートでも、

見栄を張ることで良いことは、

長い目で見れば全くないのです。

 

見栄を張るのをやめる方法

見栄を張るのをやめる方法を、

ぬいぐるみ心理学の視点で解説します。

 

これから紹介する2つの方法を実践すれば、

見栄を張るのをやめることができます。

 

自分の気持ちを声に出す

まず最初の方法は、

自分の気持ちを声に出すこと。

 

見栄を張る人のほとんどが、

自分の気持ちを声に出せていません。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

物事をネガティブに捉える様になります。

 

周りの反応を気にしたり、

失敗を恐れてしまうのも、

頭の中で考えてしまうからです。

見栄を張る人のほとんどが、

頭の中で考える癖があります。

 

どんな気持ちも声に出すこと。

これが重要です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座で解説していますが、

意識してぬいぐるみを活用することで、

見栄を張る現状を克服できます。

 

主語を自分にして問いかける

そして声に出した後は、

主語を自分にして問いかけます。

 

「どうしたいのか?」と問いかけてください。

 

見栄を張る人のほとんどは、

主語を自分にして問いかけられていません。

 

そもそも見栄を張るという行為が、

自分以外の誰かの反応を気にしているため、

自分を主語にできていないのです。

 

「見栄を張りたい」と本心から思う人は、

実は1人もいません。

 

「どうしたいのか?」という問いかけは、

見栄を張る現状を克服する上で不可欠です。

 

自然体な自分で生きる

見栄を張るのをやめることで、

自然体な自分で生きれる様になります。

 

無理に自分を演じることもなく、

そのままの自分で振る舞える様になります。

 

気を張って疲れることもないので、

自分らしく毎日を過ごせます。

 

自信のなさと向き合い、

2つの方法を実践することで、

見栄を張る現状を克服していきましょう。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事