menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

ひがむ心理!自信のなさが原因!ひがみをやめる2つの方法

[最終更新日]2021/11/09

こんにちは、伊庭和高です。

 

「ひがんでしまうのを直したい!」

「ひがむ原因を知りたい!」

 

こうした声が寄せられることもあります。

 

ひがんでいても幸せな毎日は訪れませんし、

現状を変えていきたい気持ちは強いはずです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

ひがむ心理背景や原因と解決策をお伝えします。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

ひがむ原因

物事を素直には受け取らずに誤解して、

自分が悪く扱われていると思うこと

 

「ひがむ」という言葉の辞書的な意味です。

 

「ひがんでしまうのは、一体なぜなのか?」

 

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

ひがむ気持ちが出てしまうのも、

自分の自信のなさが根本原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信がない時にひがむ気持ちが出て来ます。

 

素直に物事を受け取れなかったり、

悪く扱われている様に思い込んでしまいます。

 

自分に自信を持てていれば、

そもそもひがむことがないのです。

 

「具体的にどんな自信のなさがあるのか?」

 

3つの具体的な背景を解説します。

 

どれか1つに当てはまることもあれば、

複数に該当することもあります。

 

自己肯定感が低い

自己肯定感が低いと、

ネガティブ思考も強まってしまいます。

 

素直に物事を受け取れないのも、

自己肯定感の低さが背景にあるのです。

 

「どうせ自分はできない」

「あの人に比べて自分は劣っている」

 

こうした気持ちが発生しやすいので、

自分が悪く扱われていると思い込みやすくなります。

 

斜に構えている

斜に構えることは以前の記事でも解説しましたが、

最初から斜めに構えていればひがみやすくなります。

 

物事を素直に受け止めるのではなく、

斜めの角度から見る様になります。

 

誤解も生まれやすくなりますし、

自分が悪く扱われたと思い込みやすくなります。

 

ひがむことと斜に構えることは、

実は密接につながっているのです。

 

被害者意識がある

「自分だけつらい」

「苦しい状況に置かれた」

 

この様に被害者意識がある時ほど、

ひがむ気持ちが出てきます。

 

自分が悪く扱われていると思うことは、

言葉を変えれば被害者意識だと言えます。

 

被害者意識を持っているとネガティブ思考も強まります。

 

物事を偏見を持って見る様にもなり、

何も良いことはないのです。

 

ひがみ続けても幸せになれない

結局の所、ひがみ続けても幸せにはなれません。

 

一時的にストレス発散になったとしても、

プラスの方向に進んでいかないのです。

 

先ほどもお伝えした様に、

ひがんでしまう原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合い行動することで、

ひがむことなく毎日を過ごせる様になります。

 

心穏やかに過ごせる場面も増え、

自分らしく生きれる様になり始めます。

 

ひがむのをやめる2つの方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

ひがむのをやめる方法をお伝えします。

 

2つの方法を繰り返し実践することで、

ひがむことなく過ごせる様になります。

 

自分の気持ちを声に出す

まず最初の方法が、

「自分で自分の気持ちを声に出すこと」

 

ひがむ気持ちを感じている時ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず頭の中で考え込んでしまうのです。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

ネガティブ思考が強まれば、

その分だけひがみやすくなります。

 

どんな気持ちも、まずは声に出して受け止めること。

これが現状を変える第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座で解説していますが、

意識してぬいぐるみを活用することは、

ひがみをなくす上で役立ちます。

 

自分を主語にして問いかける

自分の気持ちを声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけます。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

ひがんでいる時ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

自分が悪く扱われた様に感じており、

自分の気持ちをないがしろに考えてしまうのです。

 

ひがむことなく生きる上でも、

「どうしたいのか?」という問いかけが大切です。

ひがみながら生きていても、

良いことは何もありません。

 

ネガティブな気持ちが生まれやすくなり、

毎日を楽しめないのです。

 

ひがんでしまう原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合いながら、

2つの方法に取り組むことで、

ひがむことなく生きれる様になります。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事