menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

恋愛ではぐらかす2つの心理背景を解説

[記事公開日]2017/05/07
[最終更新日]2020/11/09

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今日は恋愛について取り上げます。

 

はぐらかす心理が知りたい!

 

 

 

何かを問いただしてもはぐらかされてしまったこと。

あなたも一度は経験がありませんか?

 

「本当はどんなことを考えているのか?」

気になってしまうと1日中引きずってしまうこともあります。

 

 

私がこれまでぬいぐるみ心理学を通して気づいたのは、

特に恋愛面ではぐらかす側の心理背景は、大きく2つに分類されること。

 

この2つのいずれかを知ることが、

まずは先決ではないかという結論に達しました。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

はぐらかす心理その1:何か隠したいことがある

 

 

 

「実は別れたいと思っている」

「実は内緒でお金を使ってしまった」

 

この様に、何かしら言えない理由があれば、

当然ですが相手はあなたに気持ちをはぐらかします。

 

問いただしても教えてくれないこともありますし、

突然別れを切り出されてしまうこともあります。

 

 

ただし、この理由に該当する場合、

あなたに落ち度がないことがほとんどです。

 

相手の心境の変化や落ち度があって、

結果としてあなたに隠し事をしているだけです。

 

これに関しては変に問いただすよりも、

相手からのカミングアウトを待つのが無難でしょう。

 

 

はぐらかす心理2:自分に自信がない

 

 

 

「言ったら相手を傷つけるのでは」

「言ったら相手を不安にさせるのでは」

 

この様に、相手の反応を気にして自分に自信が持てていないと、

自然とはぐらかす様な反応になってしまいます。

 

自分に自信が持てていないと、

どうしても遠回しな言動になってしまいますからね。

 

 

では、もし相手が自信を持てていなければ、

どのように関われば良いのか。

 

それはまず、自分が心をオープンにして、

本音で関わることです。

 

相手が本音で関わっていると、

不思議と安心して思っていることを話せた経験。

あなたも一度はあるのではないでしょうか?

 

 

人間関係の法則は「まず自分。次に相手」

 

「私は本音を言わないけど、あなたは本音を話してね」

 

逆の立場になれば一発でわかりますが、

これはまず無理なんですよね。

 

 

ですのであなたが本音で話すことで、

相手も安心して思っていることを伝えてくれる様になります。

 

結果として、「はぐらかされた」と感じる機会が減って来ますし、

お互いに居心地良い関係性が築ける様になっていきます。

 

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事