menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

指摘されると腹が立つ2つの心理【自信のなさが原因です】

[最終更新日]2022/06/23




こんにちは、伊庭和高です。

 

仕事でも私生活でも、

誰かに指摘されると腹が立つことはあります。

 

イライラした気持ちが増大し、

いつまでも引きずってしまうこともあるのです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

指摘されると腹が立つ原因と解決策をお伝えします。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

なぜ指摘されると腹が立つのか?

 

指摘されると腹が立つのは、

大きく2つの原因があります。

 

どちらか一方に当てはまることもあれば、

両方に該当することもあります。

 

攻撃されたと思い込む

「指摘=攻撃された」

 

この思い込みがあると、

指摘されると腹を立ててしまいます。

 

指摘自体に攻撃の意図は必ずしもなく、

気になった点を指摘しただけのこともあります。

 

攻撃されていると思い込んでしまうと、

指摘を受けたことでイライラしてしまうのです。

 

痛い所を突かれた

「自分でもわかっているけれど目をそらしてきた」

 

「なるべく見ない様にしてきたことを指摘された」

 

この様に感じると、自分を守ために腹を立ててしまうことがあります。

 

「そんなのわかってるよ!」と、

逆ギレしてしまうこともあるのです。

 

自分でも何となく自覚があるからこそ、

指摘されて心がざわついてしまうのです。

 

「図星」という言葉がありますが、

まさに図星だからこそ腹が立っている状態です。

 

すべての悩みの原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさであるとお伝えしています。

 

指摘されると腹が立ってしまうのも、

自分の自信のなさが根本原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば指摘を素直に受け止められます。

 

攻撃されたと思い込むこともないので、

腹を立てることがないのです。

 

また自信のある状態でいれば、

自分の課題にも目を向けられます。

 

痛い所を突かれても真摯に受け止められるので、

腹を立てることがないのです。

 

その一方で自分に自信が持てずにいると、

指摘されて腹を立ててしまいます。

 

ある意味で腹を立てることで、

自信のなさを相手に悟られない様にしているのです。

 

また私は、自分の自信のなさの度合いを診断する心理テストを開発しました。

 

12個の質問(二択)に答えるだけで、

自信のなさをどれだけ感じているかが判明します。

こちらもぜひやってみてください。

 

イライラを我慢するだけでは解決しない

「指摘されて腹が立つのをやめたい」

こうした相談を受けることは多いです。

 

ここで多くの人が間違った行動を取ってしまいます。

 

「腹が立つのを我慢しよう」と思っても、

実は根本的な解決にはつながりません。

 

腹が立つのを我慢したものの、

自分の中でモヤモヤした気持ちが残ってしまえば、

どこかで我慢は限界に達してしまいます。

 

あるいは指摘されて腹が立つ現象が、

相手を変えて繰り返されている場合も要注意です。

 

悩みの原因である自信のなさに向き合わないと、

人や環境を変えても似た様な悩みが繰り返されてしまいます。

 

腹が立つのを我慢しようとするのではなく、

解決策は別のところにあります。

 

現状を変える方法

 

ここからは現状を変える方法を、

ぬいぐるみ心理学の視点で解説します。

 

3つのステップになっており、

順に実践することで変化を実感できます。

 

指摘されても腹を立てることがなくなるのです。

 

ステップ1:自分の気持ちを声に出す

まず最初のステップが、

「自分で自分の気持ちを声に出すこと」

 

指摘され腹を立ててしまう人ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず頭の中で考え込んでしまうのです。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

イライラした気持ちが募ってしまうのも、

頭の中でネガティブ思考が強まってしまうのです。

 

どんな気持ちも、まずは声に出して受け止めること。

これが現状を変える第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座で解説していますが、

意識してぬいぐるみを活用することは、

指摘されても腹が立たなくなる上でも効果的です。

 

ステップ2:自信のなさと向き合う

自分の気持ちを声に出した後は、

自信のなさと向き合っていきましょう。

 

「なぜ腹を立ててしまうのか?」

 

「いつから指摘されて腹を立てる様になったのか?」

 

「どんな場面で指摘されて腹を立ててしまうのか?」

 

浮かんだ言葉を、1つずつ問いかけていきましょう。

 

自信のなさに向き合わないと現状は変わりません。

 

自信を持って行動できる様になることで、

指摘されても腹を立てることはなくなります。

 

ステップ3:「どうしたいのか?」と問いかける

そして最後のステップは、

「どうしたいのか?」と問いかけます。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

腹を立ててしまう時ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

つい感情的に振る舞ってしまい、

状況を悪化させてしまうのです。

 

「どうしたいのか?」と問いかけることで、

自分が望む行動を取れる様になります。

 

腹を立て続けることなく、

落ち着いて行動できる様になるのです。

腹を立て続けるのは苦しいだけです。

 

相手との関係も悪くなりますし、

イライラを引きずってしまうこともあります。

 

自信のなさと向き合いながら、

3ステップに取り組むことで、

指摘されて腹を立てることはなくなります。

 

ワンクッション置いて関われる様になるので、

お互いに気持ち良い関係が築けます。

 

何よりイライラをため込むことがなくなるので、

穏やかに過ごせる時間が増えます。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事