menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

「私なんて…」と言う原因は幼少期にある!親との関係も影響大

[記事公開日]2021/04/12

こんにちは、伊庭和高です。

 

「私なんて…」という言葉は、

私のお客様からの相談でもよく聞きます。

 

仕事でも、プライベートでも、

「私なんて…」と思い続ければ悩みも深まります。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

「私なんて…」と思う原因を詳しく解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

「私なんて…」と思っても幸せになれない

「私なんて…」という意識は、

自己卑下(じこひげ)と呼ばれています。

 

「自分が大したことのない人間だと考えること」

「自分は劣った人間だと考えること」

「自分を低い位置に置いて考えること」

 

これが自己卑下の辞書的な意味です。

 

少なくとも自己卑下を続けていても、

自分らしく生きれないことがわかります。

 

自分で自分を否定している様なものですし、

ネガティブ思考をしがちになります。

 

「私なんて…」と思い続け、

どんどんネガティブ思考になっても、

悩みは深まり願いも叶わないのです。

 

自己肯定感も下がり、

良いことは何1つありません。

 

「私なんて…」と思う原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさであると解説しています。

 

「私なんて…」と思うのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信がないから「私なんて…」と思ってしまいます。

 

もし自分に自信があれば、

「私なんて…」と自己卑下することはないでしょう。

 

自信がないからこそ自分で自分を低く見てしまうのです。

 

幼少期に根本原因が!

そして自信のなさとは、

幼少期の経験によって形成されます。

 

「私なんて…」と思ってしまうのも、

幼少期の経験が影響しています。

 

生まれた時から「私なんて…」と思う赤ちゃんは、

どう考えてもいません。

 

成長する中で自信のなさを抱き始め、

「私なんて…」と思う様になるのです。

また私たちにとって親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親との関わりで受けた体験が、

その後の人間関係に影響を与えます。

 

「親にダメ出しをされていた」

「親の顔色を伺っていた」

「親に褒められた記憶がない」

 

たとえばこうしたケースの場合、

「私なんて…」と思いやすくなります。

 

友達、職場、恋人、夫婦、子育てなど、

あらゆる関係性で影響を及ぼすのです。

 

「私なんて…」をやめるには?

「私なんて…」と思い続けても、

幸せな未来は待っていません。

 

ネガティブ思考を抱きやすくなり、

毎日を楽しめません。

 

悩みの原因である自信のなさと向き合い、

現状を変えていくことが大切です。

 

「私なんて…」をやめる方法は、

別の記事で詳しく特集しています。

合わせて読んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事