menu

斜に構えると恋愛がうまくいかない!心理背景と改善法を解説

[最終更新日]2024/07/09

こんにちは、伊庭和高です。

 

恋愛の相談は年齢や性別を問わず、

私の元によく寄せられます。

 

「恋愛で斜に構えてしまう」

「恋人の前で斜に構えてしまう」

こうした相談も多いです。

 

斜に構えたままだと恋愛が上手くいかず、

関係が悪化してしまうでしょう。

 

斜に構えてしまう状況は、

今すぐにでも変える必要があります。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

恋愛で斜に構える心理と改善法をお伝えします。

 

恋愛で斜に構える心理背景

 

恋愛で斜に構えてしまうのは、

3つの心理背景があります。

 

どれか1つに該当することもあれば、

複数に当てはまることもあります。

1つずつ順番に見ていきます。

 

相手の反応を気にしている

斜に構えるということは、

斜に構える相手がいるわけです。

 

相手の反応を機にするから、

斜に構えてしまいます。

 

「どう思われるのか…」

「嫌われない様にしないと…」

「もっと関心を持ってもらうために…」

 

この様に相手にどう思われるかを気にして、

斜に構えた言動をとる人は多いです。

 

なめられない様にしている

実は相手になめられない様にするために、

斜に構えた言動をとる人もいます。

 

普段から勝ち負けや優劣を気にしていると、

恋愛でも勝ち負けや優劣を気にするのです。

 

「相手より劣らない様にしないと…」

「素直に気持ちを伝えたら相手が調子に乗るかも…」

 

恋愛などのパートナーシップにおいても、

勝ち負けや優劣を気にする人は多いです。

 

かまって欲しい

斜に構えた言動をとっていれば、

相手も何かしら気になるでしょう。

 

かまってちゃんという言葉がありますが、

相手にかまって欲しいから斜に構える人もいます。

 

相手の興味や注目を集められたりと、

一時的にかまってもらえるのです。

 

心理学的には承認欲求とも呼ばれていますが、

承認欲求を満たすために斜に構えるのです。

 

斜に構える根本原因は自信のなさ

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの根本原因は自信のなさだとお伝えしています。

 

恋愛で斜に構えた言動をとってしまうのも、

自分の自信のなさが根本原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば斜に構えることなく、

自分の気持ちに素直に振る舞えます。

 

自信がないから斜に構えてしまうのです。

 

相手の反応を気にしたり、

なめられない様に考えたり、

かまって欲しいと思うのも、

自信のなさが背景にあります。

 

また私は12個の質問に答えるだけで、

恋愛に悩む現状を診断する心理テストも作りました。

 

診断結果の画面では、

恋愛の悩みを克服した方のエピソードも紹介しています。

こちらも合わせてやってみてください。

 

斜に構え続けた末路

斜に構え続けても良いことはありません。

 

どこかで恋愛がうまくいかなくなり、

壁に直面するのです。

 

最初は相手も気にかけてくれても、

次第に冷めてしまうでしょう。

 

「いつも斜に構えていて面倒だな…」

「本音がわからないな…」

 

こうした気持ちを抱かれれば、

どこかで必ず問題が発生します。

 

短期的には上手くいくことはあっても、

長い目で見ればどこかで必ず上手くいかなくなるのです。

 

相手を変えても悩みは繰り返される

付き合う相手を変えたり、

出会う相手が変わったとしても、

斜に構えた言動をとりつづけてしまいます。

 

相手や環境を変えても自分が変わらないと、

同じ悩みに直面してしまうのです。

 

その意味で斜に構えてしまう悩みは、

時間が解決してはくれないのです。

 

だからこそ、まずは自分自身が変わること。

 

幸せな恋愛をするためにも、

自信のなさと向き合いながら、

自分自身が変わる必要があります。

 

幸せな恋愛をする2つの方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

恋愛で斜に構えるのをやめる方法をお伝えします。

 

2つの方法を実践することで、

現状は今から好転できます。

 

自分の気持ちを声に出す

最初の方法が「自分の気持ちを声に出すこと」

 

恋愛で斜に構える時ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

普段から声に出さず、

頭の中で考える癖があります。

 

私たち人間の脳は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

ネガティブに考えるほど、

相手の反応が気になったり、

勝ち負けや優劣を気にしたり、

かまって欲しいと思ってしまいます。

 

斜に構えた言動をとってしまうのは、

決まって頭の中で考えている時です。

ここでポイントになるのが、

「まず自分で声に出すこと」

 

恋人や友達など周りの人に、

いきなり気持ちを吐き出さないでください。

 

自分の気持ちを吐き出せば、

確かにスッキリするでしょうが、

相手は良い気分になりません。

 

「また同じ悩みを聞かされている…」

「自分で何とかしてよ…」

 

最初は親身になってくれても、

何度も続けば相手も嫌な気持ちになり、

関係が悪化する可能性があるのです。

 

独り言で構いません。

どんな気持ちでも良いので、

まずは自分で自分の気持ちを声に出すことが、

幸せな恋愛をするための第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

意識してぬいぐるみに触れることは、

自分の気持ちを声に出す上でも効果的です。

 

「どうしたいのか?」と問いかける

そして声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけること。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

恋愛で斜に構える時ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

自分より先に相手のことを考えてしまうのです。

 

「した方がいい」

「するべきだ」

「しなきゃいけない」

「して欲しい」

「してあげる」

 

たとえばこれらは自分を主語にできておらず、

相手のことを先に考えている状態です。

 

相手のことを先に考えるほど、

相手の反応が気になったり、

相手に求める気持ちも強まります。

 

自分軸と他人軸という言葉がありますが、

まさに他人軸で恋愛をしてしまうのです。

 

語尾を「〜したい」の形で問いかけることが、

幸せな関係を築く方法です。

 

「どうしたいのか?」という問いかけは、

斜に構えずに恋愛をするために不可欠なのです。

恋愛で斜に構えた言動をとり続けても、

幸せな未来は待っていません。

 

相手の言動にモヤモヤしたり、

不安や寂しさに襲われたり、

いつも関係が上手くいかなくなったりと、

良いことはないのです。

 

恋愛で斜に構えてしまう根本原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合い、

2つの方法を実践しながら、

現状を改善していきましょう。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば現状を変えられるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。
2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決する有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で5000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログは、今では1000以上の記事があり、月に13万以上のアクセスがある。
心理コミュニケーションアドバイザーとして、受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年、初の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。増刷しロングセラー中である。
2023年10月に三笠書房・王様文庫より『声に出すだけでモヤモヤがすっきりする本〜たった5秒のメンタルケア〜』を発売。
『女性自身』(2023年9月19日号)にて、カラー8ページでぬいぐるみ心理学が特集されるなど、活動の幅が広がっている。