menu

ぬいぐるみ心理学

虚勢を張る人の心理【原因と克服方法を解説】

[記事公開日]2018/04/01
[最終更新日]2018/10/14

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今日は虚勢を張る人の心理背景について解説します。

 

なぜ虚勢を張るのか

 

 

・いばること

・弱い部分を隠し外見だけは威勢の良いフリをすること

これが虚勢を張るという言葉の意味です。

 

相談したり指摘をすると、

いつも強気な返答をされる。

 

「私はすごいんだ!」と、

ことさらに自分を強く見せようとする。

 

なぜこうした虚勢を張ってしまうのか。

 

 

私はぬいぐるみ心理学を開発し、

1200名以上のお客様と関わって来ました。

 

そしてすべての悩みの背景には

「自信のなさ」があると突き止めました。

 

自信のなさについて詳しくは

無料講座で解説しているのですが、

虚勢を張ってしまうことに悩むお客様も、

その背景には自信のなさがあったのです。

 

虚勢を張っていれば、

周りから指摘されることが少ない。

 

自分を強く見せているので、

相手に弱みを突かれたり、

反論されることが少なくなる。

 

こうした心理背景があり、

虚勢を張ってしまうのです。

ぬいぐるみ心理学無料講座

自分を演じ続けるとどこかで爆発する

 

 

ですが虚勢を張っているということは、

素の自分を抑えているとも言えます。

 

いつもの自分を出せず、

どこか自分を強く見せてしまう。

 

自分を演じているわけですので、

ストレスを抱え込むことになります。

 

自信のなさに一時的に蓋をできますが、

常に自分を演じ続けなければならず、

どこかで爆発してしまう可能性があります。

 

急に泣き出したり、無気力になったり、

あるいはお酒やギャンブル、散財に走るかもしれません。

 

自分の心と体に無理をかけすぎることになってしまいます。

 

 

虚勢を張る自分を変える方法

 

 

これからも虚勢を張り続けたいなら、

そのままで良いでしょう。

 

ですがそんな自分を変えたいなら、

まずは自分で自分の気持ちに気づくことです。

 

虚勢を張ることが習慣になってしまうと、

自分の本心が自分でもわからなくなってしまうのです。

 

まずは自分で自分の気持ちに気づくこと。

そのためには、頭の中の考えを声に出してください。

 

私達は実際に声に出すことで、

物事を事実として認識します。

 

頭の中で考えているだけでは、

その事柄を事実として認識できません。

 

「不安なのかな…」

「怖いのかな…」

「無理してるのかな…」

 

自分の気持ちに自分で気づけず、

何年も何十年も抱え込み続けるのです。

 

 

まずは自分の気持ちに気づくこと。

その上で「自分はどうしたいのか」と問いかけること。

 

この積み重ねが結果として、

虚勢を張る自分から卒業し、

自分らしく毎日を送れる様になります。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す