menu

ぬいぐるみ心理学

仕事で目標を見失った…【原因と解決法を公開!】

ぬいぐるみ1つで自信がない現状から

卒業する!

 

3ヶ月でいつでも自信が生み出せる

毎日を手に入れる

 

ぬいぐるみ心理学

====

 

こんにちは、伊庭和高です。

今日は仕事について取り上げます。

 

 

私はぬいぐるみ心理学を提供していますが、

仕事の悩みを相談されることも多いです。

 

その中でもよくある悩みの1つが

「目標を見失ってしまったこと」

 

急に心にポッカリ穴が空いた様に、

やる気をなくしてしまうこと。

 

会社のレールに乗っている様に感じ、

会社が望む目標ばかりを立てる自分に

嫌気が指してしまうこと。

 

目標を見失ってしまうことで、

何となく働き、何となく仕事をし、

気づけば時間ばかりが経過します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

仕事で目標を見失う原因

 

 

「すべての悩みの原因は自信のなさ」

 

仕事でもプライベートでも、

私がぬいぐるみ心理学を通して

お伝えしている共通の原因です。

 

仕事で目標を見失ってしまうのも、

その背景には自信のなさがあります。

 

 

周りや会社の方針に合わせて、

求められる目標を立てた方が良い…

 

上司がオーケーを出す様な目標を

立てなければいけない…

 

資格をとった方が良いと思い、

それを目標にしていた…

 

など、周りや会社を気にした

目標を立てれば立てるほど、

どこかで目標を見失います。

 

「自分のやりたいことは何だっけ?」

と、急に原点に立ち返ってしまいます。

 

 

もちろん現状を打破するために

異動や転職をするのも1つです。

 

ですがそこでも自信のなさから

周りや会社を気にした目標を立てると

同じ悩みが繰り返されてしまいます。

 

 

現状を打破する方法

 

 

仕事で目標を見失った現状を

打破するための方法。

 

まずは現在感じていることを

そのまま声に出してください。

 

頭の中で考えれば考える程、

自分の本心がわからなくなります。

 

その結果、悩みを持ち越してしまい

今と変わらない毎日が続きます。

 

・なぜ目標を見失ったのか

・今何を感じているのか

・本当はどうしたかったのか

 

など、思っていることを

すべて吐き出すことです。

 

独り言の様にぶつぶつ声に出すと、

声に出す前とは違った結論が出ます。

 

「感じていることはすべて声に出す」

これを素直に実践されたかどうかが、

現状を打破するポイントになります。

 

 

そして声に出した後は、

「自分はどうしたいのか?」と

声に出して問いかけてください。

 

周りや会社、世間体は脇に置き、

「あなたはどうしたいのか?」と

問いかけることがポイントです。

 

仕事に関する目標ではなく、

プライベートな目標が思わず

出て来るかもしれません。

 

「仕事」と制限をかけずに、

思いついた言葉を出していくと、

結果として仕事の目標も自然と

出て来る様になります。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分。

自分を主語に問いかけるからこそ、

納得できる目標にたどり着きます。

 

仕事で目標を見失った時の原因、

あるいは声に出す具体的方法など、

詳しくは無料講座でも解説しています。

 

感じていることは声に出すこと。

主語を自分にしながら問いかけること。

まずは実践してみてくださいね。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学物語

過去の記事を探す